長篇講談全集  野狐三次

長編講談会 編

[目次]

  • 野狐三次
  • 目次
  • 第一席 磯五郞浅草觀音に子を拾ふ事、並に磯五郞博奕に手を出す事 / 1
  • 第二席 三次親孝行の事、並に磯五郞大阪へ出奔の事 / 15
  • 第三席 三次木端を賣り步く事、並に三次計つて玄庵を誘ふ事 / 28
  • 第四席 三次病母に藥餌を與ふ苦肉の策の事、並に三次獨楽にて額を割らるゝ事 / 43
  • 第五席 三次大工となり後に鳶の者となる事、並に鳶の者庄吉秋田屋を騷がす事 / 57
  • 第六席 おつねの濡衣晴れる事、並に品川のお梅落籍の事 / 84
  • 第七席 おつね淸次を異見する事、並に利八詐つて主人を連れ出す事 / 97
  • 第八席 品川冲 利八主人を害する事、並に町奉行筒井伊賀守取調の事 / 111
  • 第九席 惡人等所刑さるゝ事、並に三次野狐の刺靑をする事 / 126
  • 第十席 三次上方へ旅立ちの事、並に大井川に菊五郞危難の事 / 139
  • 第十一席 三次菊五郞を救ふ事、並に大阪に瀧藏を訪ふ事 / 153
  • 第十二席 菊五郞幽靈を研究する事、並に三次芝居見物の事 / 167
  • 第十三席 六三掛け流行の事、三次建築請負の事、並に鹽屋の娘三次に懸想の事 / 180
  • 第十四席 松原源七郞おいとを救ふ事、並においと磯五郞に對面の事 / 193
  • 第十五席 磯五郞お糸箱根にて危難に遭ふ事、並に三次藝妓を救ふ事、神田火事の事 / 220
  • 第十六席 火中に組と七の組爭ひの事、並に三次纒の頭を取り戾す事 / 234
  • 第十七席 善次郞おくらに惡名をつけらるゝ事、並に三次その恥を雪ぐ謀計の事 / 250
  • 第十八席 三次おくらの奸策を破る事、並に兩國梶之助の强談に三次掛合ふ事 / 264
  • 第十九席 兩國梶之助に組の贔屓角力になる事、並に善次郞三次等兩國に投身女を救ふ事 / 279
  • 第二十席 三次小花と兄妹名乘の事、並におらく小花を奪はんとする事 / 294
  • 第二十一席 三次お糸と奇遇して妹を救ふ事、並に兩國大綱角力の事、三次父の仇を打つ事 / 309
  • 第二十二席 筒井伊賀守白洲取調の事、並に伊賀守おくらに素性を語る事 / 326
  • 第二十三席 三次伊豆大島へ流罪の事、並に長左衛門半太夫に掛合の事 / 340
  • 第二十四席 町奉行長左衛門を呼び出す事、並に松頭の賀の祝ひに出席の事 / 355
  • 第二十五席 長左衞門東兩國にて斬らるゝ事、並に北國屋太十加害者を探し出す事 / 373
  • 第二十六席 北國屋太十旗本半太夫を討取る事、並に三次放免に組の頭となる事 / 388

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 長篇講談全集
著作者等 長編講談会
書名ヨミ チョウヘン コウダン ゼンシュウ
書名別名 Chohen kodan zenshu
巻冊次 野狐三次
出版元 金園社
刊行年月 昭和30
ページ数 3冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
58001795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想