小学四年生作文教室 : 母と教師のための

小山玄夫 著

[目次]

  • 目次 揷画・藤沢典明
  • 第一 文はどこから生れるか
  • 一、 おかあさん、これ! / 6
  • 二、 みせてごらんなさい / 27
  • 第二 よい文・惡い文
  • 一、 よい文のいろいろ / 32
  • (1) 村の子の文 / 32
  • (2) 町の子の文 / 50
  • 二、 悪い文のいろいろ / 62
  • (1) 原稿用紙を忘れる子 / 62
  • (2) 思い出した作文の宿題 / 68
  • (3) 先生にほめられたくて / 73
  • 第三 作文の出発
  • 一、 朝の教室で / 82
  • 二、 勉強の後で / 88
  • 三、 遊びの後で / 93
  • 四、 お辨当の後で / 97
  • 五、 掃除の後で / 100
  • 六、 家庭でも同じように / 104
  • 第四 作文をいやがる子どもの為に
  • 一、 大きらいな作文の時間 / 112
  • 二、 同じ題でも / 123
  • 第五 童詩四年生
  • 一、 童詩の出発四年生 / 142
  • (1) ことばをひらう / 142
  • (2) 素直に書く / 147
  • (3) 詩を読む / 155
  • (4) 詩の手帖 / 168
  • 二、 童詩と子どもの絵 / 175
  • (1) 先生にほめられた絵 / 175
  • (2) 絵を描く、童詩を書く / 180
  • 三、 私の詩集 / 184
  • 四、 童詩発表会 / 187
  • (1) 朗読発表 / 187
  • (2) 童詩の壁 / 188
  • (3) 童詩の会 / 189
  • (4) 童詩集発行 / 189
  • (5) 校內外への発表 / 190
  • 第六 作文と子どもの生活
  • 一、 村の子どもの生活と作文 / 192
  • (1) 働く子たち / 192
  • (2) 土の子ども / 199
  • (3) 村の子はうたう / 205
  • 二、 町の子どもと作文 / 210
  • (1) るすばんする子ども / 210
  • (2) お使いの子どもたち / 218
  • (3) 電車の中の子ども / 231
  • 三、 海の子どもと作文 / 235
  • (1) 海をうたう子ども / 235
  • (2) はぜつりと子ども / 240
  • 第七 作文を書く為に
  • 一、 句読点の指導 / 248
  • 二、 語法の指導 / 253
  • 三、 正確な文章を書く練習 / 257
  • 四、 原稿用紙の使い方 / 261
  • 五、 作文の時間 / 265
  • (1) 祀述前の指導 / 265
  • (2) 記述の指導 / 268
  • (3) 記述後の指導 / 269
  • あとがき / 274

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小学四年生作文教室 : 母と教師のための
著作者等 小山 玄夫
書名ヨミ ショウガク 4ネンセイ サクブン キョウシツ : ハハ ト キョウシ ノ タメノ
出版元 文化研究社
刊行年月 1952
ページ数 276p
大きさ 19cm
NCID BN11202782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52006398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想