立川文庫  [第11] (赤星太郎兵衛)

人物往来 編

[目次]

  • 赤星太郎兵衛の家系 / 7
  • 三歳の時より清正公に養わる / 13
  • 生年八歳、叔母の弔い合戦に出陣 / 18
  • 清正公より諸国漫遊を許さる / 24
  • 森本儀太夫と兄弟の約を結ぶ / 29
  • 両替屋の娘の替玉となる / 35
  • 福島家の武士十二人を縛しあぐ / 41
  • きさまのような奴に出会ったことがない / 47
  • 孝行な少年、名は大木新吉郎 / 53
  • 烈婦自害してわが子を励ます / 59
  • 明智家の三羽鳥を相手にする / 65
  • この作兵衛の胸中察して貰いたい / 72
  • 作兵衛両人から金子をまきあげる / 78
  • 徳川変名組十人を相手どる / 83
  • 拙者は飯篠山城守長威斎である / 90
  • チト顔に相談するがよい / 95
  • 雉子も啼かずば撃たれまい / 101
  • 無念や高手小手に縛しあげらる / 107
  • 遊女夕立、赤星のために水垢離して祈る / 113
  • 仕置場破りは井上大九郎と木村又蔵 / 119
  • 三豪傑、孝女夕立の仇討ちの助太刀 / 124
  • 腕づくでも承知させるぞ / 129
  • 両豪傑、山中で大熊を退治する / 135
  • 義賊の張本石川五右衛門ならん / 142
  • 五右衛門を捕えて打ち懲らす / 147
  • 森本儀太夫、大木土佐の殊功 / 153
  • 分捕りの酒肴とは結構結構飲め飲め / 158
  • 蛙がガヤガヤというように聞える / 165
  • 母里太兵衛と引組み後藤又兵衛の仲裁 / 171

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 立川文庫
著作者等 人物往来社
人物往来
書名ヨミ タツカワ ブンコ
巻冊次 [第11] (赤星太郎兵衛)
出版元 人物往来社
刊行年月 1968
ページ数 180p 図版
大きさ 11×16cm
全国書誌番号
58001813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想