即興詩人

H.C.アンデルセン 著 ; 神西清 訳

[目次]

  • 目次
  • 第一部
  • 一 生いたち。 / 7
  • 二 地下の納骨堂。聖歌隊の少年。可愛らしい天使。即興詩人。 / 14
  • 三 ジェンツァーノの花祭。 / 25
  • 四 ペッポ伯父さん。コロッセオの一夜。別れ。 / 34
  • 五 カンパーニャの平原。 / 42
  • 六 ボルゲーゼ邸を訪れる。幼な語りの終り。 / 52
  • 七 学校のころ。ハバス・ダーダー。『神曲』。元老院議員の甥。 / 60
  • 八 うれしい再会・いやな再会。幼い尼僧院長。ユダヤの老人。 / 73
  • 九 ユダヤ娘。 / 82
  • 一〇 一年ののち。ローマの謝肉祭。歌姫。 / 88
  • 一一 救いの神のベルナルド。『ある歌劇の舞台𥡴古』。最初の即興作品。謝肉祭を終る日。 / 103
  • 一二 四旬節。システィーナ御堂のミゼレーレ。ベルナルドと語る。アヌンツィアータ。 / 125
  • 一三 画廊。芸術論の展開。復活祭。運命の分れ道。 / 137
  • 一四 ロッカ・デル・パーパの農夫たち。山賊の巣窟。わが運命の女神。 / 147
  • 第二部
  • 一 ポンティーネの沼地。テラチーナ。昔なじみ。フラ・ディアーヴォロの生まれた町。オレンジ畑。ナポリの奥さん。ナポリ。 / 164
  • 二 悩みと慰め。奥さんとの親しみを増す。考古学者。破門状。私は奥さんを誤解したのか? / 178
  • 三 ヘルクラネウムとポンペイの周遊。ヴェスヴィオの夕べ。 / 192
  • 四 めぐりあい。サン・カルロ座の初舞台。 / 202
  • 五 サンタ夫人。噴火。むかしの縁か。 / 212
  • 六 ペストゥム行き。ギリシアの神殿。盲の娘。 / 226
  • 七 アマルフィでの一幕。カプリの琅玕洞。 / 237
  • 八 帰りの旅。 / 258
  • 九 教育。幼い尼僧院長。 / 263
  • 一〇 ドメニカ婆さん。見つけたもの。ネピの一夜。テールニの滝。舟唄。ヴェネツィア。 / 288
  • 一一 あらし。銀行家の夜会。市長の姪。 / 301
  • 一二 歌姫。 / 314
  • 一三 ポッジオ。アヌンツィアータ。マリア。 / 326
  • 一四 ヴェローナの旧蹟。ミラノの本寺。ナポレオン凱旋門での再会。夢と現実。琅玕洞。 / 340
  • エピローグ 琅玕洞。 / 355
  • 註解 / 359
  • あとがき / 367

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 即興詩人
著作者等 Andersen, H. C.
Andersen, Hans Christian
神西 清
H.C.アンデルセン
書名ヨミ ソッキョウ シジン
書名別名 Sokkyo shijin
出版元 小山書店新社
刊行年月 1958
ページ数 370p
大きさ 20cm
NCID BN11932490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58006013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想