少女ダダの日記 : ポーランド一少女の戦争体験

ヴァンダ・プシュイブィルスカ 著 ; 米川和夫 訳

[目次]

  • 目次
  • 序文 ヤロスワフ・イヴァシュケーヴィッチ / 3
  • まえがき / 7
  • 一九四二年 アニンで / 21
  • 日記をつけだすことに…… / 23
  • 恐ろしいほどさびしいタベ / 27
  • 十五夜の月と星 / 31
  • ユダヤ人をのせた汽車が…… / 34
  • 幸福って、いったい? / 40
  • 美しいものはすべてはかなく / 42
  • このドイツ兵だって人間だもの…… / 45
  • ユダヤ人だという、ただそれだけのために / 49
  • 涙はかわいて、どこへ消えてゆく? / 53
  • ワルシャワがまっかに燃えだした / 55
  • 若者こそ、祖国ポーランドのいしずえ / 60
  • クリスマス / 64
  • 一九四三年 ワルシャワで / 67
  • 戦争の最後の年になりますように / 69
  • 「狩りこみ」がつづく / 72
  • これが戦争のあとの春だったら! / 76
  • 自分のへやの自分の机で / 79
  • 銃声の中の復活祭 / 83
  • 爆弾の雨、ワルシャワの空に / 88
  • 日記帳よ、さようなら! / 90
  • 一九四四年 ワルシャワで / 93
  • みんなといっしょに勉強が…… / 95
  • 恐ろしい思い出のかずかず…… / 100
  • 復讐はぜひとも必要だろうか? / 103
  • バーシャ、笑って! 笑いなさい!! / 106
  • べったりと地面に伏せて / 109
  • 姉のところへ! / 115
  • ボルシェヴィキがくるだろう…… / 119
  • もうだめだと、なんど…… / 122
  • ハーニャとの別れ / 124
  • いったいそれほどまでにして? / 127
  • 武器を手に立つ、その時が! / 131
  • ポーランドの国旗がひるがえっている!! / 135
  • 市民諸君に栄光あれ! / 142
  • いつになったらこの花を兵士たちに…… / 145
  • 最後の血の一滴の流れつくすまで / 148
  • 自由か、死ぬか、どっちかだ!! / 153
  • 祖国のため、ワルシャワのため / 158
  • ワルシャワ、それは抵抗の意志 / 162
  • 吹きとばされた! / 166
  • すべて祖国にささげよう / 169
  • 『ネーメンのほとり』 / 175
  • けれどその後は…… / 178
  • 人は生きるため最後まで戦う / 183
  • つけたり-ダダのつづった幻想と思い出 / 195
  • わたしのハーニャ! / 197
  • 二十年後のワルシャワ(幻想) / 206
  • わたしたち三人組みの思い出 / 212
  • 注 / 217
  • 年表 / 237
  • あとがき / 244

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 少女ダダの日記 : ポーランド一少女の戦争体験
著作者等 Przybylska, Wanda
米川 和夫
ヴァンダ・プシュイブィルスカ
書名ヨミ ショウジョ ダダ ノ ニッキ : ポーランド イチ ショウジョ ノ センソウ タイケン
シリーズ名 角川新書
出版元 角川書店
刊行年月 1965
ページ数 246p
大きさ 18cm
NCID BA34726951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65008414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想