人間性とマルクス主義

ハロルド・W.リグニイ 著 ; 深作政毅 訳

[目次]

  • 人間性とマルクス主義
  • 目次
  • 訳者まえがき / 1
  • 一 大学を擁護する戦い / 11
  • 二 多くの犯罪 / 16
  • 三 さらに多くの犯罪 / 24
  • 四 父よ、彼らを赦し給え / 33
  • 五 わたしの逮捕 / 43
  • 六 第十監房 / 49
  • 七 最初の裁判 / 55
  • 八 梧桐と白菜 / 61
  • 九 身体の不潔、シラミと知能労働 / 67
  • 十 死刑の宣告 / 72
  • 十一 同房の囚人と共産主義者の裁判手続 / 79
  • 十二 眠れる囚人の自白 / 89
  • 十三 正座 / 98
  • 十四 偽りの自白 / 104
  • 十五 否認の取消し / 109
  • 十六 祈り / 116
  • 十七 さらに否認したことと寒気 / 127
  • 十八 手錠と足枷 / 135
  • 十九 神言会宣教師、食物と衣類 / 142
  • 二十 南部構内への移動 / 150
  • 二十一 永遠の牧師 / 155
  • 二十二 今一つの否認 / 162
  • 二十三 粉砕された希望 / 168
  • 二十四 フー・イェンの姉妹 / 174
  • 二十五 最後の否認 / 184
  • 二十六 つるし上げと自己批判 / 190
  • 二十七 忘れることのできない、忘れられた囚人 / 199
  • 二十八 眠気 / 205
  • 二十九 精神の崩壊の寸前 / 211
  • 三十 総つるし上げ / 217
  • 三十一 細菌戦 / 222
  • 三十二 長期刑の作成 / 229
  • 三十三 家庭からの便り / 237
  • 三十四 判決 / 242
  • 三十五 マッチ箱作り / 249
  • 三十六 真の友 / 254
  • 三十七 空は同じ / 260
  • 三十八 一日に四千二百のマッチ箱 / 264
  • 三十九 漕藍子に復帰 / 271
  • 四十 希望的な公判 / 281
  • 四十一 独房 / 288
  • 四十二 釈放 / 296
  • 四十三 中国から外へでる旅に出発 / 302
  • 四十四 誰が誰の洗脳をしているか / 308
  • 四十五 中国よさようなら、また会う日まで / 315
  • 四十六 香港-自由 / 319
  • 四十七 収穫 / 332
  • 四十八 終幕 / 336

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間性とマルクス主義
著作者等 Rigney, Harold William
深作 正毅
Rigney Harold William(1900〜 )
深作政毅
ハロルド・W.リグニイ
書名ヨミ ニンゲンセイ ト マルクス シュギ
出版元 国際文化研究所
刊行年月 1957
ページ数 339p
大きさ 19cm
NCID BN12709178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57008509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想