八十日間世界一周

ジュール・ヴェルヌ 著 ; 北村小松 訳

[目次]

  • 目次
  • 一 フィリヤス・フォッグとパスパルトゥーが、主従の契りを結ぶ話 / 7
  • 二 パスパルトゥーが、これでやっとひと安心だと喜ぶ話 / 11
  • 三 ふとした世間話が、フィリヤス・フォッグに、うんと高くつく話 / 15
  • 四 フィリヤス・フォッグが、下男のパスパルトゥーを仰天させる話 / 23
  • 五 珍銘柄の有価証券が、取引市場に上場されて、またすぐに姿を消す話 / 27
  • 六 フィックス刑事がイライラしているのも、無理はないという話 / 30
  • 七 またしても、旅券を捜查に利用しようとしたが、ダメになる話 / 35
  • 八 パスパルトゥーの舌が滑り過ぎて、いささか余分の放言をする話 / 38
  • 九 紅海とインド洋では、フィリヤス・フォッグがまずまず順調である話 / 42
  • 一〇 パスパルトゥーが靴をなくしただけで助かったのは、幸運である話 / 48
  • 一一 フィリヤス・フォッグがとてつもないヤミ値で、象を買わされる話 / 53
  • 一二 フィリヤス・フォッグの一行がインドの森林で事件にぶつかる話 / 61
  • 一三 天は勇者を助けたもう、ということをパスパルトゥーが立証する話 / 68
  • 一四 フィリヤス・フォッグがガンジス溪谷の絶景に目もくれない話 / 74
  • 一五 札束の入っているカバンが、またメッキリ軽くなってしまう話 / 80
  • 一六 フィックスがなに食わぬ顔で、パスパルトゥーから情報を引き出す話 / 87
  • 一七 シンガポールと香港の間でも、いろいろヤヤコシイことが起る話 / 92
  • 一八 フォッグ、パスパルトゥー、フィックスがそれぞれ自分の領分でガンバル話 / 98
  • 一九 パスパルトゥーがあんまり主人大事と心がけたのがよくない話 / 102
  • 二〇 フィックスが、フィリヤス・フォッグと近つきになってしまう話 / 110
  • 二一 タンカデール号の艇長が、危うく二百ポンドを取りそこなう話 / 116
  • 二二 パスパルトゥーが、地球の裏側でも金がなくてはダメだと語る話 / 123
  • 二三 パスパルトゥーの鼻が、六フィートに伸びる話 / 129
  • 二四 太平洋をつつがなく横断する話 / 135
  • 二五 市民大会の日に、サンフランシスコをブラついて、ひどい目に会う話 / 141
  • 二六 フィリヤス・フォッグとその一行が大陸横断の急行列車で旅をする話 / 147
  • 二七 時速二十マイルで走りながら、パスパルトゥーがモルモン教史を聴く話 / 152
  • 二八 パスパルトゥーの正しい意見が、だれにも聞き入れられない話 / 158
  • 二九 ユニオン鉄道でなくては起らないさまざまな事件の話 / 166
  • 三〇 フィリヤス・フォツグにとっては、ただ義務を果しただけの冒険の話 / 173
  • 三一 刑事のフィックスが、フィリヤス・フォッグにひどく肩を入れる話 / 180
  • 三二 フィリヤス・フォッグが、悲運にもめげず、勇敢に立ち向う話 / 186
  • 三三 フィリヤス・フォッグは、そのとき少しも騒がず、難局に処する話 / 190
  • 三四 パスパルトゥーが、珍らしくも、アクどいシャレを飛ばす話 / 197
  • 三五 パスパルトゥーが、ものわかりのよさを発揮する話 / 200
  • 三六 フィリヤス・フォッグ株が、またもや、勢いをもり返す話 / 205
  • 三七 フィリヤス・フォッグが、世界一周旅行で得たものは、幸福であった話 / 209
  • ジュール・ヴェルヌと「八十日間世界一周」の映画化について / 212

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 八十日間世界一周
著作者等 Verne, Jules
北村 小松
ジュール・ヴェルヌ
書名ヨミ 80ニチカン セカイ 1シュウ
書名別名 80nichikan sekai 1shu
出版元 荒地出版社
刊行年月 1957
ページ数 213p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
57006640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想