ツヴァイク全集  第14

ツヴァイク S.【著】<Zweig Stefan>;古見 日嘉【訳】

1542年、生後6日にしてスコットランド女王となったメリー・スチュアート。58年フランス皇太子と結婚、翌年フランス王妃となり、61年夫の早世により帰国。以後混乱を極めた政治情勢のなかで母国を親政する。新教支持から再婚を機に旧教徒へ、数年後には夫の暗殺者と結婚。反対勢力により監禁、脱獄してイングランドへ。エリザベス女王廃位の陰謀荷担の疑いで監禁、19年間幽閉後、女王暗殺事件陰謀者と内通していたとして処刑される。ヒトラー政権成立後、ロンドンに亡命中のツヴァイクが、たまたまメリー・スチュアートに関する歴史的記録を読んで興味をおぼえ、書きあげた作品である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゆりかごのなかの女王
  • フランスにおける青春
  • 女王、未亡人でありながらしかも女王
  • スコットランドへの帰国
  • 石は転がりはじめる
  • 大政略結婚市場
  • 第二の結婚
  • ホリルードの運命の夜
  • 裏切られた裏切り者たち
  • おそろしいわな〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • まえがき / 7
  • 登場人物 / 13
  • 第一章 ゆりかごのなかの女王 / 19
  • 第二章 フランスにおける青春 / 34
  • 第三章 女王、未亡人でありながらしかも女王 / 50
  • 第四章 スコットランドへの帰国 / 72
  • 第五章 石は転がりはじめる / 93
  • 第六章 大政略結婚市場 / 110
  • 第七章 第二の結婚 / 136
  • 第八章 ホリルードの運命の夜 / 156
  • 第九章 裏切られた裏切り者たち / 179
  • 第十章 おそろしいわな / 199
  • 第十一章 情熱の悲劇 / 221
  • 第十二章 殺害への道 / 254
  • 第十三章 神が滅ぼそうとしたもう者たち / 276
  • 第十四章 逃げ場のない道 / 302
  • 第十五章 廃位 / 334
  • 第十六章 自由からの別離 / 353
  • 第十七章 網がはられる / 371
  • 第十八章 網はちぢまる / 387
  • 第十九章 日かげの年つき / 404
  • 第二十章 最終ラウンド / 422
  • 第二十一章 決着がつけられる / 438
  • 第二十二章 エリザベス対エリザベス / 468
  • 第二十三章 「わが終りにわが始めあり」 / 497
  • エピローグ / 513
  • 訳者あとがき / 525

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ツヴァイク全集
著作者等 Zweig, Stefan
古見 日嘉
ツヴァイク S.
書名ヨミ ツヴァイク ゼンシュウ
書名別名 メリー・スチュアート

Tsuvaiku zenshu
巻冊次 第14
出版元 みすず書房
刊行年月 1962
ページ数 528p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4622046652
NCID BA37923358
BN01030137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58011288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
メリー・スチュアート 古見日嘉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想