リルケ選集  第3巻

大山定一他訳

[目次]

  • 目次
  • マルテの手記(一九〇四二月八日ローマ、一九一〇年一月二十七日ラテブチヒ)・大山定一譯 / 5
  • 小品
  • 風景について(一九〇二・春)・大山定一譯 / 201
  • ヴォルプスヴェーデ(一九〇二・春)・谷友幸譯 / 207
  • 夢-第七夜-(一九〇二)・堀辰雄譯 / 224
  • 犬-或る邂逅-(一九〇七・一)・大山定一譯 / 226
  • 體驗(一九一三・初頭)・富士川英郞譯 / 231
  • 覺書(一九一三・一・六)・佐藤晃一譯 / 235
  • 回想(一九一四・九)・佐藤晃一譯 / 236
  • 人形について(一九一四・初頭)・高橋義孝譯 / 239
  • 原始音(一九一九・八・一五)・石中象治譯 / 247
  • 若き詩人について(一九一三)・石中象治譯 / 253
  • 詩人について(一九一二・一)・高橋義孝譯 / 260
  • わかき一勞働者の手紙(一九二二)・大山定一譯 / 262
  • ゲランについて(一九一一・八)・石中象治譯 / 277
  • 旗手クリストフ・リルケの愛と死の歌(一八九九秋・初稿。一九〇四及び一九〇六・改訂)・堀辰雄譯 / 279
  • 神さまの話(一九〇〇・初版。一九〇四・再版)・谷友幸譯 / 291
  • 神さまのお手についての物語 / 293
  • 見知らぬ人 / 302
  • 神さまは いかなる思召で この世に貧しいひとびとを お造りになつたか / 307
  • どうしてロシアへ裏切などがやつてきたか / 312
  • ティモフェイ老人が 歌ひつつ世を去つた事 / 318
  • 正義のうた / 326
  • ヴェニスのユダヤ人街で拾つたある場景 / 337
  • 石に耳を傾けるひとについて / 344
  • 指甲が神さまとなるにいたつた事 / 348
  • 死についての物語 ならびに筆者不明の追記 / 355
  • 切なる要望にもとづいて生まれた協會 / 363
  • 乞食と氣位たかい少女 / 373
  • 闇にきかせた話-以上 谷友幸譯- / 380
  • 解說・富士川英郞 / 394

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 リルケ選集
著作者等 Rilke, Rainer Maria
大山 定一
書名ヨミ リルケ センシュウ
巻冊次 第3巻
出版元 新潮社
刊行年月 1954
ページ数 398p
大きさ 20cm
NCID BN05727522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58010913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想