日本古代社会と仏教

吉田一彦 著

古代仏教の全体像を「国家仏教」として捉える従来の見解を批判し、僧尼令や私度僧、行基の活動の実態、『日本霊異記』にみえる人々の信仰形態を解明し、古代社会で仏教がどのように受容されていたのかを探る。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1部 古代国家と仏法(国家仏教論批判
  • 僧尼令の運用と効力)
  • 第2部 古代社会と仏教信仰(寺と古代人
  • 僧尼と古代人
  • 日本古代の三宝)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p5
  • 序 / p1
  • 第一部 古代国家と仏法 / p1
  • I 国家仏教論批判 / p2
  • 一 国家仏教論をめぐって / p2
  • 二 律令的国家仏教論批判 / p8
  • 三 仏教受容国家中心論批判 / p17
  • 四 統治の正当性論をめぐって / p24
  • むすび / p24
  • II 僧尼令の運用と効力 / p30
  • 序 / p30
  • 一 僧尼令の成立 / p31
  • 二 僧尼令の内容 / p32
  • 三 僧尼令の運用 / p34
  • 四 僧尼令の効力 / p50
  • 五 仏教行政-むすびにかえて- / p55
  • III 古代の私度僧について / p65
  • 序 / p65
  • 一 律令の規定 / p66
  • 二 私度僧容認を示す記事 / p67
  • 三 『日本霊異記』に見える自度 / p77
  • 四 中国との比較 / p83
  • 五 官度制との関係 / p85
  • 六 課役の問題 / p91
  • むすび / p94
  • IV 行基と古代法 / p98
  • 序 / p98
  • 一 養老元年の弾圧 / p99
  • 二 養老元年四月詔の検討 / p102
  • 三 行基の例より見た古代法 / p110
  • 四 活動の転換 / p114
  • むすび / p118
  • V 行基と呪術 / p124
  • 序 / p124
  • 一 二葉憲香説をめぐって / p124
  • 二 思想基盤説をめぐって / p135
  • 三 行基の呪術 / p137
  • むすび / p143
  • VI 御斎会の研究 / p150
  • 序 / p150
  • 一 創始 / p151
  • 二 目的 / p153
  • 三 前史 / p160
  • 四 変遷と確立 / p166
  • 五 名称と範囲 / p171
  • 六 会の次第 / p178
  • 七 諸国の法会 / p187
  • むすび / p191
  • 第二部 古代社会と仏教信仰 / p203
  • VII 寺と古代人 / p204
  • 序 / p204
  • 一 古代の寺 / p205
  • 二 仏をうやまえ / p212
  • 三 経をうやまえ / p230
  • むすび-三宝をうやまえ- / p234
  • VIII 僧尼と古代人 / p238
  • 序 / p238
  • 一 僧尼 / p238
  • 二 僧をうやまえ / p240
  • 三 異形異類 / p251
  • 四 出家 / p260
  • 五 力の源泉 / p275
  • むすび / p283
  • IX 日本古代の三宝 / p291
  • 序 キイワードとしての三宝 / p291
  • 一 三宝と仏法・仏教・仏道 / p293
  • 二 三宝・仏法と道慈-『日本書紀』の潤色をめぐって- / p301
  • 三 三宝とは仏法僧なり / p307
  • 四 仏法僧をうやまうこと / p310
  • 五 インド・中国との比較 / p315
  • むすび / p319
  • 成稿一覧 / p325
  • あとがき / p330

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本古代社会と仏教
著作者等 吉田 一彦
書名ヨミ ニホン コダイ シャカイ ト ブッキョウ
書名別名 Nihon kodai shakai to bukkyo
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1995.11
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 4642022902
NCID BN13371099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96023861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想