日本仏教救済事業史研究

宮城洋一郎 著

[目次]

  • 第1部 律令国家の賑給・救済施策(奈良時代の賑給政策
  • 光明皇后の悲田院・施薬院
  • 平安時代初期の救済施策)
  • 第2部 古代の仏教救済事業(行基の救済事業
  • 最澄の伝道者養成と社会的実践
  • 空海の救済事業と弘法大師伝)
  • 第3部 中世の仏教救済事業(重源の救済事業
  • 叡尊の仏教と救済事業
  • 中世の四天王寺と叡尊・忍性
  • 室町時代の仏教救済事業)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序文 / p1
  • 序に代えて / p5
  • 題字
  • 序章 / p1
  • 第一部 律令国家の賑給・救済施策 / p27
  • 第一章 奈良時代の賑給政策 / p29
  • 第一節 国家の慶事・大事による賑給 / p31
  • 第二節 飢饉・災害における賑給 / p40
  • 第二章 光明皇后の悲田院・施薬院 / p59
  • 第一節 悲田院・施薬院に関する史料 / p60
  • 第二節 悲田院・施薬院成立の意義 / p67
  • 第三章 平安時代初期の救済施策 / p72
  • 第一節 良吏の課題意識形式と救済施策 / p72
  • 第二節 藤原冬嗣政権の救済施策 / p84
  • 第二部 古代の仏教救済事業 / p103
  • 第一章 行基の救済事業 / p105
  • 第一節 行基研究と救済事業 / p108
  • 第二節 行基の諸施設と救済事業 / p124
  • 第二章 最澄の伝道者養成と社会的実践 / p137
  • 第一節 「六条穴」について / p139
  • 第二節 「六条式」第六条について / p142
  • 第三章 空海の救済事業と弘法大師伝 / p151
  • 第一節 万農池と綜芸種智院 / p153
  • 一 万農池について / p153
  • 二 綜芸種智院について / p157
  • 第二節 弘法大師伝における万農池と綜芸種智院 / p161
  • 一 古伝記における問題点 / p161
  • 二 弘法大師伝史料における問題点 / p166
  • 第三節 綜芸種智院以後 / p179
  • 一 綜芸種智院廃絶の背景 / p179
  • 二 伝法の問題 / p184
  • 三 真済以後の後継僧養成について / p190
  • 第三部 中世の仏教救済事業 / p203
  • 第一章 重源の救済事業 / p205
  • 第一節 重源の社会的実践 / p206
  • 第二節 湯屋の建設について / p214
  • 第三節 重源の歴史的評価をめぐって / p225
  • 第二章 叡尊の仏教と救済事業 / p233
  • 第一節 叡尊の文殊信仰 / p233
  • 一 文殊信仰の系譜 / p233
  • 二 文殊信仰と救済事業 / p237
  • 第二節 叡尊の戒律復興 / p243
  • 一 戒律復興の系譜 / p243
  • 二 戒律復興と救済事業 / p246
  • 第三節 叡尊の非人救済について / p256
  • 一 非人身分研究の動向 / p256
  • 二 非人救済の根拠 / p258
  • 三 非人救済の展開 / p260
  • 第三章 中世の四天王寺と叡尊・忍性 / p273
  • 第一節『四天王寺御手印縁起』をめぐる問題 / p273
  • 第二節 叡尊と四天王寺 / p285
  • 第三節 忍性と四大王寺 / p292
  • 第四章 室町時代の仏教救済事業 / p303
  • 第一節 南北朝期の仏教救済事業 / p305
  • 第二節 室町期の仏教救済事業 / p310
  • 第三節 願阿弥の救済事業 / p316
  • 成稿順序 / p331
  • あとがき / p333
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本仏教救済事業史研究
著作者等 宮城 洋一郎
書名ヨミ ニホン ブッキョウ キュウサイ ジギョウシ ケンキュウ
書名別名 Nihon bukkyo kyusai jigyoshi kenkyu
出版元 永田文昌堂
刊行年月 1993.4
ページ数 336, 9p
大きさ 22cm
NCID BN10187479
BN12474063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95001888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想