ヒュームの文明社会 : 勤労・知識・自由

坂本達哉 著

本書は、人々の勤勉・知識・自由が豊かで秩序ある社会を生み出す「文明社会」の思想像を解明し、伝統的な市民社会とは違うヒュームの文明社会認識を明らかにする。市民社会概念を軸に展開してきたわが国の社会科学研究に真正面から問題を投げかけ、新たな思想史学の可能性を示す。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 方法論的覚え書き
  • 第1章 『人間本性論』における社会科学の方法
  • 第2章 『道徳・政治論集』における文明社会認識の起源
  • 第3章 ヒュームのヨーロッパ体験と文明社会認識の形成
  • 第4章 『政治論集』における文明社会認識の展開
  • 第5章 『イングランド史』における商業と自由
  • 第6章 名誉革命体制の危機をめぐるヒュームとウォーレス

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文目録
  • 目次 / p9
  • 凡例 / p5
  • 略記号表 / p6
  • 序章 方法論的覚え書き / p3
  • 一 ヒューム思想の文体 / p3
  • 二 スコットラッド啓蒙の問題 / p19
  • 三 本書の主題と方法-「人間学」から「文明社会」論へ / p27
  • 第I部 ヒューム文明社会論の方法と起源
  • 第一章 『人間本性論』における社会科学の方法 / p35
  • 一 啓蒙的世界の胎動とヒューム思想の出発 / p35
  • 二 道徳哲学の危機と「人間学」構想の確立 / p42
  • 三 社会科学の方法 / p57
  • 四 ヒューム経験主義の実践的基礎 / p64
  • 第二章 『道徳・政治論集』における文明社会認識の起源 / p81
  • 一 スコットランド啓蒙におけるイングランドとスコットランド / p81
  • 二 『道徳・政治論集』における文明社会認識の出発 / p94
  • 三 ヒュームの名誉革命体制認識と懐疑的ウィッグ主義 / p105
  • 第II部 ヒューム文明社会論の形成と展開
  • 第三章 ヒュームのヨーロッパ体験と文明社会認識の形成 / p131
  • 一 ヒュームのヨーロッパ認識と開明君主制の概念 / p131
  • 二 名誉革命体制の動揺と方法意識の深化 / p142
  • 三 ヒュームのヨーロッパ体験と文明社会認識の新展開 / p151
  • 四 モンテスキュー『法の精神』の出現とヒューム文明社会像の形成 / p160
  • 第四章 『政治論集』における文明社会認識の展開 / p189
  • 一 『政治論集』の経済学 / p189
  • 二 文明社会における古代と近代 / p201
  • 三 ヒューム貨幣理論の文明社会論的意義 / p225
  • 四 生活様式の理論としてのヒューム文明社会論 / p239
  • 第III部 ヒューム文明社会論の確立と展望
  • 第五章 『イングランド史』における商業と自由 / p263
  • 一 文明社会史としての『イングランド史』 / p263
  • 二 テューダー絶対王政における商業と自由 / p270
  • 三 ステュアート絶対王政における商業と自由 / p285
  • 四 ヒューム文明社会像における勤労・知識・自由 / p297
  • 第六章 名誉革命体制の危機をめぐるヒュームとウォーレス / p317
  • 一 文明社会の危機をめぐるヒューム、ウォーレス、ブラウン / p317
  • 二 ウォーレス『諸特徴』における名誉革命体制の経済学的認識 / p322
  • 三 名誉革命体制の政治的評価-通俗的ウィッグ主義の社会経済思想 / p339
  • 四 名誉革命体制の危機と文明社会の危機-結びに代えて / p348
  • あとがき / p371
  • 文献目録 / p14
  • 索引 / p5

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ヒュームの文明社会 : 勤労・知識・自由
著作者等 坂本 達哉
書名ヨミ ヒューム ノ ブンメイ シャカイ : キンロウ チシキ ジユウ
書名別名 Hyumu no bunmei shakai
出版元 創文社
刊行年月 1995.12
ページ数 378, 34p
大きさ 22cm
ISBN 4423850818
NCID BN13690428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96035472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想