リーダーシップ過程における性差発現機序に関する研究

坂田桐子 著

[目次]

  • 第1章 リーダーシップの性差研究の意義
  • 第2章 リーダーシップ過程の性差に関する研究の現状
  • 第3章 リーダー役割獲得過程の性差研究
  • 第4章 影響方略とリーダーシップ・スタイルの効果性の性差研究
  • 第5章 リーダーシップ評価過程の性差研究
  • 第6章 影響過程の性差を規定する状況要因の吟味
  • 第7章 本研究のまとめとモデルの提起

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第1章 リーダーシップの性差研究の意義 / p1
  • 1.リーダーシップの性差研究の意義 / p1
  • 2.本論文の構成の概要 / p10
  • 第2章 リーダーシップ過程の性差に関する研究の現状 / p12
  • 1.リーダーシップ過程の性差に関する国外の知見 / p13
  • 2.リーダーシップ過程の性差に関する国内の知見 / p24
  • 3.リーダーシップ過程の性差発現予測モデル / p27
  • 4.総括 / p31
  • 第3章 リーダー役割獲得過程の性差研究 / p32
  • 1.性別と性役割態度がリーダー役割獲得に及ぼす効果に関する実験的研究 / p32
  • 2.小学校教頭のキャリア形成過程に関する実証的研究 / p40
  • 3.総括 / p53
  • 第4章 影響方略とリーダーシップ・スタイルの効果性の性差研究 / p54
  • 1.性別、性役割態度および課題の性別適合性が影響方略の使用に及ぼす効果に関する実験的研究 / p54
  • 2.地方自治体におけるリーダーシップ機能の性差に関する実証的研究 / p67
  • 3.小学校教頭のリーダーシップ自己認知と影響方略に関する実証的研究 / p83
  • 4.総括 / p92
  • 第5章 リーダーシップ評価過程の性差研究 / p94
  • 1.行動評価の性差に関する実証的研究 / p94
  • 2.女性管理職に対する評価の実証的研究-女性管理職昇進阻害要因の検討 / p118
  • 3.課題状況が自己の性ステレオタイプ化に及ぼす効果に関する実験的研究 / p133
  • 4.総括 / p148
  • 第6章 影響過程の性差を規定する状況要因の吟味 / p150
  • 1.課題の性別適合性、リーダー役割の責任代表性、および集団の性別構成の効果に関する実験的研究 / p150
  • 2.課題の性別適合性、性別構成、および組織風土の効果に関する実証的研究 / p163
  • 3.総括 / p175
  • 第7章 本研究の総括とモデルの提起 / p176
  • 1.本研究の総括 / p176
  • 2.本研究の知見を説明するモデル / p180
  • 引用文献 / p184

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 リーダーシップ過程における性差発現機序に関する研究
著作者等 坂田 桐子
書名ヨミ リーダーシップ カテイ ニ オケル セイサ ハツゲン キジョ ニ カンスル ケンキュウ
書名別名 Ridashippu katei ni okeru seisa hatsugen kijo ni kansuru kenkyu
出版元 北大路書房
刊行年月 1998.1
ページ数 176p
大きさ 22cm
ISBN 4762820997
NCID BA35733646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99016523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想