沖縄戦と2007教科書検定

沖縄県歴史教育者協議会編

この本の情報

書名 沖縄戦と2007教科書検定
著作者等 二谷 貞夫
吉浜 忍
坂本 昇
安仁屋 政昭
宮城 喜久子
林 博史
沖縄県歴史教育者協議会
田港 朝昭
石原 昌家
石山 久男
秋山 勝
里井 洋一
上江洲 由直
北上田 源
吉川 嘉勝
地主園 亮
外間 明美
小橋川 清弘
山口 剛史
山川 宗秀
岡本 厚
平良 宗潤
津多 則光
川満 昭広
書名ヨミ オキナワセン ト 2007 キョウカショ ケンテイ
シリーズ名 歴史と実践
出版元 沖縄県歴史教育者協議会
刊行年月 2007.8
ページ数 278p
大きさ 26cm
NCID BA82860569
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
<1982年>沖縄民衆は「沖縄戦」の真実をくりかえし主張してきた 田港 朝昭
「家永沖縄戦裁判」の教訓を継承しなかったツケの大きさ 石原 昌家
「教科書問題」25年前の記憶 下地史彦
「沖縄集団自決冤罪訴訟」と表現する文部科学省の杜撰さと思想的背景 岡本厚
「集団自決」を伝える現場から 小橋川清弘
実践記録 : 教科書検定問題を考える沖縄戦 : いま私たちが学びたいこと 山口剛史
忸怩たる思いを踏まえて : 「集団自決」教科書検定問題 坂本 昇
戦争認識と「集団自決」 林 博史
戦争責任を認めない日本政府の意図 : 沖縄戦における「集団自決」の認識 石原 昌家
授業実践報告 : 教科書から消えた日本軍の命令 : 「集団自決」軍命削除への高校生の意見 外間美恵子
教科書に歴史の真実を 教員に自由を 山川宗秀
教職員の責務は、子どもたちに真実を伝えること 松田寛
文科省さん、教えて!「集団自決」について 玉寄義治
昨年実教出版『日本史A』検定意見がつかなかったのに 石山 久男
検定制度に「沖縄戦条項」を確立させよう 大浜敏夫
次世代に真実を 宮城 喜久子
次世代への沖縄戦継承の秘策はあるのか 吉浜 忍
歴史に目を閉ざす「教科書検定」は、権力の横暴であり、国民はこれを許さず 二谷 貞夫
歴史の真実を歪めることは戦争への道 沖縄県民断固拒否する 宮城正
第1部 : 座談会 : 沖縄戦と教科書検定「集団自決」をめぐって 上江洲由直, 山口剛史, 川満昭広, 平良宗潤, 安仁屋 政昭, 石山 久男
第2部 : 私の意見 沖縄戦と教科書検定「集団自決」をめぐって
第3部 : 沖縄戦歴史歪曲を巡る経過と沖縄県民運動の到達点 山口剛史
第4部 : 私たちのワークシート沖縄戦 北上田源, 里井 洋一
第5部 : 授業と実践
第6部 : 沖縄戦の証言 : 素材としての資料集 地主園亮
第7部 : 県民の怒りと運動の資料
証言を歩く : 座間味フィールドワーク 外間明美
証言を歩く : 渡嘉敷島沖縄戦見て歩記 津多則光
過去と現在との厳しい対話 : 文科省検定の政治性と沖縄民衆の「体に刻みこまれた記憶」 秋山 勝
高等学校社会科歴史教科書検定問題への所感 : 渡嘉敷島強制集団死場を生き延びて 吉川嘉勝
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想