新しい動物学

桑原万寿太郎 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • 第一課 動物と食物 / 2
  • I. 動物の食物の攝り方 / 3
  • II. 動物の構造の相異と餌の相異 / 9
  • III. 人類は食物を得る爲にどんな事をしているか / 12
  • 第二課 動物の食物はどんな性質のものか / 13
  • I. 食物の果す役割 / 14
  • II. 食物にはどんな成分が必要か / 15
  • III. 動物の餌はどのような條件で決るか / 22
  • 第三課 動物が攝取した食物はどうなるか / 24
  • I. 動物の體はどのような單位から成立つているか / 24
  • II. 榮養素はどのようにして消化されるか / 28
  • III. 消化された榮養物は如何にして吸收されるか / 41
  • IV. 腸から吸收された榮養物はどのようにして全身に運ばれるか / 42
  • 第四課 細胞に吸收された榮養分はどうなるか / 43
  • I. 如何にして生命のエネルギーは得られるか / 43
  • II. 動物は如何にして酸素を得るか / 44
  • III. 老癈物はどうやつて排泄されるか / 49
  • 第五課 動物の生長 / 51
  • I. 動物の體は如何にしてその大きさを增すか / 51
  • II. 動物の發育の順序 / 53
  • III. 生長を調節するものは何か / 61
  • 第六課 動物は如何にして子孫を繼續するか / 63
  • I. 動物は如何にして繁殖するか / 64
  • II. 動物の親は如何にして子を保護するか / 68
  • III. 有用動物の個體の數を殖やす爲にどんな事が行われているか / 75
  • 第七課 動物の種類の分類 / 76
  • I. 動物の種類は如何にして出來たか / 77
  • II. 動物はどのように分類されるか / 80
  • 第八課 親の性質は如何にして子に傳えられるか / 90
  • I. 兩親の性質の子に傳えられる,その傳えられ方に規則があるか / 90
  • II. 子孫に傳えられる性質と傳えられない性質 / 97
  • 第九課 動物は周圍の事情にどのように影響されるか / 101
  • I. 動物と空氣 / 101
  • II. 動物と水 / 106
  • III. 動物と溫度 / 106
  • IV. 動物と太陽光線 / 108
  • 第十課 動物と動物,動物と植物との關係 / 109
  • I. 植物と動物とはどんな關係があるか / 110
  • II. 動物と動物との鬪い / 114
  • III. 動物同士の助け合い / 118
  • 第十一課 動物の體は如何にその生活に適しているか / 120
  • I. 生存の競爭 / 121
  • II. 適應 / 125
  • 第十二課 動物は如何に行動するか / 132
  • I. 動物の行動を起す刺㦸は主にどんなものか / 134
  • II. 動物はどのように刺㦸に反應するか / 137
  • III. 人と動物との行動の相異 / 146

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新しい動物学
著作者等 桑原 万寿太郎
書名ヨミ アタラシイ ドウブツガク
書名別名 Atarashii dobutsugaku
出版元 青雲書院
刊行年月 昭和23
ページ数 147p 図版
大きさ 18cm
全国書誌番号
45013366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想