近代日本公立大学成立史研究

吉川卓治 [著]

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序章 / p1
  • 1 問題意識 / p1
  • 2 課題と視点 / p2
  • 3 先行研究の検討 / p5
  • 4 構成と内容 / p7
  • 第1部 理念と制度の形成
  • 第1章 帝国大学体制下における公立大学理念の形成-佐多愛彦における大学論の展開を中心に- / p14
  • はじめに / p14
  • 第1節 学制改革論議における大学設置形態問題 / p15
  • 1 公私立大学承認問題の展開と背景 / p15
  • 2 官公私立大学の「平等」化と特色の保持・構築の課題 / p17
  • 第2節 佐多における大学論の形成と位置 / p19
  • 1 「医育統一論」と総合大学絶対論批判=単科大学論 / p19
  • 2 学制改革論議における位置 / p20
  • 第3節 佐多の欧米視察と大学論の展開 / p22
  • 1 欧米視察による知見 / p22
  • 2 「新大学」の構想 / p23
  • 3 都市との関係 / p25
  • おわりに / p26
  • 第2章 大学令制定過程における公立大学問題 / p35
  • はじめに / p35
  • 第1節 教育調査会での論議 / p38
  • 1 教育調査会の設置 / p38
  • 2 「大学校令及学位ニ関スル規定」の審議 / p39
  • 3 「大学令要項」の審議 / p43
  • 第2節 臨時教育会議での論議 / p46
  • 1 臨時教育会議の設置 / p46
  • 2 第16回総会での審議 / p46
  • 3 主査委員会(小委員会)での審議と修正 / p48
  • 4 臨時教育会議答申における公立大学問題 / p50
  • 第3節 文部省・閣議・枢密院での立案・修正 / p52
  • 1 修正の概要 / p52
  • 2 公立大学問題に関する修正 / p53
  • おわりに / p55
  • 第3章 公立大学補充金の制度的基盤-1920年代における京都府立医科大学をめぐって- / p61
  • はじめに / p61
  • 第1節 「発専七八号」通牒と文部省の「指導」-制度的基盤の成立と意図- / p63
  • 1 大学設立の認可基準と「発専七八号」通牒 / p63
  • 2 1920年通常府会での議論 / p64
  • 第2節 大学設立認可申請と府財政窮乏下の補充金-補充金の矛盾と制度的基盤の動揺- / p67
  • 1 大学設立認可の申請 / p67
  • 2 1923年度予算案における補充金の削減 / p69
  • 3 1922年通常府会での議論 / p69
  • 第3節 政府による補充金削除指揮とその後-制度的基盤の消失- / p71
  • 1 1926年度予算案の編成 / p71
  • 2 「府会騒動」と政府の指揮 / p72
  • 3 補充金支出における論理の転換 / p73
  • おわりに / p74
  • 第2部 昇格運動の実態
  • 第4章 単科大学の制度化と「昇格」とのジレンマ-府立大阪医科大学への「昇格」運動- / p83
  • はじめに / p83
  • 第1節 「昇格」運動の開始と大学調査委員会の発足 / p85
  • 1 佐多の単科大学論と「昇格」運動の開始 / p85
  • 2 大阪市教育会大学調査委員会の発足 / p86
  • 3 運動内部における課題認識の齟齬 / p88
  • 第2節 奥田・一木文政期の「昇格」運動 / p90
  • 1 文部省の政策転換 / p90
  • 2 大阪府立高等医学校の「昇格」申請 / p91
  • 3 一木案の難航と大学調査委員会の路線変更 / p93
  • 第3節 高田案の行きづまりと府立大阪医科大学の認可 / p94
  • 1 高田案の行きづまり / p94
  • 2 府立大阪医科大学の認可 / p96
  • おわりに / p96
  • 第5章 官立大学への志向-愛知医科大学への昇格運動- / p102
  • はじめに / p102
  • 第1節 愛知県立医学専門学校の新築・移転 / p103
  • 1 愛知県会の動向 / p103
  • 2 愛知県立医学専門学校の新築・移転とその意味 / p105
  • 第2節 昇格運動の開始と転回 / p108
  • 1 昇格運動の開始 / p108
  • 2 文部省の対応 / p110
  • 3 昇格運動の転回と愛知医科大学の認可 / p112
  • 第3節 官立移管運動の開始と展開 / p114
  • 1 予科の移転・廃止問題 / p114
  • 2 総合大学設置運動の再興と停滞 / p116
  • 3 官立移管運動の開始と展開 / p117
  • おわりに / p120
  • 付論 名古屋における仮病院・仮医学校の設立時期の再検討 / p128
  • 第6章 <同一市内同種大学>問題と補充金支出問題-京都府立医科大学への昇格運動- / p134
  • はじめに / p134
  • 第1節 京都府立医学専門学校の昇格運動 / p136
  • 1 生徒と学校当局の取り組み / p136
  • 2 校友会の取り組み / p139
  • 第2節 知事と府会への働きかけ / p142
  • 1 知事への働きかけ / p142
  • 2 府会への働きかけ / p143
  • 第3節 府議会での議論 / p144
  • 1 1919年通常府会での議論 / p144
  • 2 1920年通常府会での議論 / p147
  • おわりに / p150
  • 第7章 県立移管と大学昇格-熊本医科大学への昇格運動- / p155
  • はじめに / p155
  • 第1節 「迅速昇格」論の形成 / p157
  • 1 学校当局の動向 / p157
  • 2 熊本医学専門学校昇格期成発起会の発足 / p159
  • 3 生徒集団の動向 / p161
  • 第2節 移管条件に関する対立と合意 / p163
  • 1 「無条件移管」論と生徒・県会の対応 / p163
  • 2 合意の形成-調査委員会設置案の登場- / p165
  • おわりに / p168
  • 第3部 社会的機能
  • 第8章 入学者の特性と卒業者の進路-愛知医科大学を事例として- / p175
  • はじめに / p175
  • 第1節 入学者の特性 / p176
  • 1 愛知県立医学専門学校期(1904~1919年) / p176
  • 2 愛知医科大学期(1920~1930年) / p179
  • 第2節 卒業者の進路 / p182
  • 1 愛知県立医学専門学校期(1904~1919年) / p182
  • 2 愛知医科大学期(1920~1930年) / p186
  • おわりに / p187
  • 第9章 大学の「知」の普及活動-1930年代の『大阪朝日新聞』を素材として- / p191
  • はじめに / p191
  • 第1節 量的分析-大学教員の執筆記事- / p194
  • 1 総数と推移 / p194
  • 2 執筆者と主題の傾向 / p200
  • 第2節 質的分析-大阪商科大学学長河田嗣郎の言説- / p205
  • 1 消費統制の展開 / p205
  • 2 河田嗣郎の消費統制問題に関する言説 / p208
  • おわりに / p210
  • 終章 / p217
  • 1 総括-近代日本における公立大学の特質- / p217
  • 2 今後の課題 / p221
  • 資料 『大阪朝日新聞』における<記事>一覧(1930~1941年) / p224
  • 引用・参考文献および史料一覧 / p240
  • 初出一覧 / p251

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代日本公立大学成立史研究
著作者等 吉川 卓治
書名ヨミ キンダイ ニホン コウリツ ダイガク セイリツシ ケンキュウ
出版元 者不明
刊行年月 [2000]
ページ数 vi, 252枚
大きさ 31cm
NCID BB05205169
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想