神・仏・王権の中世

佐藤弘夫 著

王法と仏法・正統と異端・神仏のコスモロジー・天皇観などをキーワードにダイナミックな中世世界の実像を鮮やかに描く。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1部 仏法と王法(中世仏教における仏土と王土
  • 仏法王法相依論の成立と展開 ほか)
  • 第2部 正統と異端(中世仏教における正統と異端
  • 中世仏教者の正統意識 ほか)
  • 第3部 天皇観の諸相(中世顕密仏教の国家観
  • 中世の天皇と仏教 ほか)
  • 第4部 神仏のコスモロジー(中世的神国思想の形成
  • 怒る神と救う神 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 / p3
  • 一 中世国家論の展開 / p3
  • 二 神仏の時代としての中世 / p7
  • 三 天皇と宗教 / p10
  • 四 中世的支配と仏神 / p12
  • 第I部 仏法と王法
  • 第一章 中世仏教における仏土と王土 / p17
  • はじめに / p17
  • 一 国土即仏土論の諸相 / p19
  • 二 仏土と王土 / p27
  • 三 国土即仏土論の展開と変容 / p41
  • おわりに / p48
  • 第二章 仏法王法相依論の成立と展開 / p58
  • はじめに / p58
  • 一 仏法王法相依論の形成 / p60
  • 二 仏法王法相依論の旋回 / p69
  • 三 中世国家と仏法王法相依論 / p80
  • おわりに / p84
  • 第三章 破仏破神の歴史的意義 / p89
  • はじめに / p89
  • 一 荘園制支配と仏神 / p91
  • 二 農民闘争と仏神 / p95
  • 三 専修念仏と諸仏誹謗 / p100
  • 四 造悪無碍の歴史的意義 / p103
  • おわりに / p110
  • 第II部 正統と異端
  • 第一章 中世仏教における正統と異端 / p121
  • はじめに / p121
  • 一 法然と反法然 / p124
  • 二 荘園制社会と仏教 / p133
  • おわりに / p141
  • 第二章 中世仏教者の正統意識 / p147
  • はじめに / p147
  • 一 法然の正統意識 / p148
  • 二 南都北嶺の正統意識 / p153
  • 三 法然の正統意識の特質 / p159
  • 四 日蓮の正統意識 / p164
  • おわりに / p168
  • 第三章 中世仏教者の歴史観 / p171
  • はじめに / p171
  • 一 中世仏教の歴史観 / p175
  • 二 天の思想の歴史的位置 / p183
  • おわりに / p189
  • 第III部 天皇観の諸相
  • 第一章 中世顕密仏教の国家観 / p197
  • はじめに / p197
  • 一 中世的理念の形成 / p198
  • 二 顕密仏教の国家観 / p208
  • おわりに / p215
  • 第二章 中世の天皇と仏教 / p220
  • 一 天皇論の現在 / p220
  • 二 中世的天皇観の形成 / p226
  • 三 即位灌頂の歴史的位置 / p232
  • 四 中世における天皇の役割 / p237
  • 五 異端の天皇観 / p241
  • 六 結びにかえて / p245
  • 第三章 日蓮の天皇観 / p253
  • はじめに / p253
  • 一 前期の天皇観 / p256
  • 二 国王観念の動揺 / p272
  • 三 後期の天皇観 / p282
  • おわりに / p299
  • 第IV部 神仏のコスモロジー
  • 第一章 中世的神国思想の形成 / p307
  • はじめに / p307
  • 一 神国思想理解の前提 / p309
  • 二 中世的神国思想の特質 / p319
  • 三 神国思想の歴史的意義 / p328
  • おわりに / p339
  • 第二章 怒る神と救う神 / p348
  • はじめに / p348
  • 一 神の役割・仏の役割 / p350
  • 二 起請文の仏たち / p353
  • 三 怒る神の系譜 / p358
  • 四 中世神仏のコスモロジー / p362
  • 五 中世的コスモロジーの特色 / p367
  • おわりに / p371
  • 第三章 地獄と極楽のコスモロジー / p377
  • はじめに / p377
  • 一 他界観をめぐる研究史 / p378
  • 二 通説への疑問 / p381
  • 三 地獄の所在 / p387
  • 四 極楽はどこか / p389
  • 五 此土浄土の位置 / p393
  • 六 二つの浄土 / p397
  • おわりに / p400
  • 結び 中世仏教の展開と変貌 / p407
  • はじめに / p409
  • 一 中世における正統と異端 / p412
  • 二 親鸞と日蓮における国家と宗教 / p415
  • 三 祖師の思想の継承と変容 / p418
  • 四 宗教一揆の形成 / p419
  • 五 幕藩体制と仏教 / p422
  • 六 ナショナリズムの昂揚と仏教 / p427
  • おわりに / p432
  • 補論 顕密体制論の現在-黒田俊雄氏の批判によせて- / p437
  • 本書の構成について / p453
  • あとがき / p465
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 神・仏・王権の中世
著作者等 佐藤 弘夫
書名ヨミ カミ ホトケ オウケン ノ チュウセイ
書名別名 Kami hotoke oken no chusei
出版元 法蔵館
刊行年月 1998
ページ数 468, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4831871435
NCID BA34371889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想