物語史の研究

三谷栄一 著

[目次]

  • 目次
  • 序・山岸徳平 / 1
  • はしがき / 7
  • 第一編 物語の黎明 / 1
  • 緒論 / 3
  • I カタリゴトの世界 / 3
  • II 古典に現われた物語性 / 9
  • 第一章 物語の源流とその世界 / 25
  • I 物語の形成 / 25
  • II 物語の型 / 77
  • 第二章 竹取物語 / 97
  • I 竹取物語の成立 / 97
  • II 竹取物語と竹取説話の展開 / 199
  • 第三章 宇津保物語-成立事情とその増益- / 248
  • I 二つの冒頭巻の出発と結合の時期 / 248
  • II 藤原君巻の増益 / 258
  • III 増益の問題と拾遺集との関係 / 272
  • 第四章 散佚物語 / 276
  • 第二編 物語の享受と後宮サロン / 297
  • 第一章 後宮と文学 / 299
  • I 後宮とその文芸伝統 / 299
  • II 後宮女性の教養 / 306
  • 第二章 物語の享受とその季節-『大斎院前の御集』の物語司を軸として- / 312
  • I 平安朝文芸と四季・節会 / 312
  • II 物語司と物語合せ / 321
  • III 物語成立と季節 / 329
  • 第三章 後宮・内親王サロンの文学 / 337
  • 第三編 源氏物語とその基盤 / 361
  • 第一章 短編と色好みの物語 / 363
  • I 源氏物語と帚木巻 / 363
  • II 若紫巻の意味するもの / 375
  • III 色好み譚の伝統 / 384
  • IV 桐壺巻の成立 / 386
  • 第二章 長編と貴種流離譚 / 394
  • I 貴種流離譚と通過儀礼 / 394
  • II 明石巻の意義 / 398
  • 第三章 源氏物語と民間信仰 / 404
  • I 辰巳の殿と戌亥の町 / 404
  • II 四方四季の館と六条院 / 411
  • III 古代物語よりの解放 / 426
  • 第四編 物語の表現とその変貌 / 433
  • 第一章 尾花か女郎花か-源氏物語桐壺更衣の表現について- / 435
  • I 桐壺更衣の表現と源氏物語の諸本 / 435
  • II 源氏以前の物語の譬喩的表現 / 438
  • III 源氏以後の物語の譬喩的表現と季節 / 441
  • IV 季節と具体的譬喩表現 / 449
  • V 尾花か女郎花か / 451
  • 第二章 物語表現の中世的変貌-中村本寝覚物語をめぐって- / 457
  • 第五編 物語の黄昏 / 465
  • 第一章 物語の行方 / 467
  • I 摂関の凋落と院司の権勢 / 467
  • II 女房階級とその文学の衰微 / 473
  • III 動乱と退廃的傾向 / 487
  • IV 狂言綺語観の風潮 / 497
  • V 作り物語の中世化 / 507
  • 第二章 女房文学の終焉 / 516
  • 索引 / 535
  • 書名索引 / 535
  • 人名索引 / 543
  • 事項索引 / 549
  • 引用「和歌・歌謡」初句索引 / 552
  • あとがき / 554

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 物語史の研究
著作者等 三谷 栄一
書名ヨミ モノガタリシ ノ ケンキュウ
書名別名 Monogatarishi no kenkyu
出版元 有精堂
刊行年月 1967
ページ数 559p
大きさ 22cm
NCID BN01010402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想