日本で学ぶアジア系外国人 : 研修生・留学生・就学生の生活と文化変容

浅野慎一 著

ある農業研修生は故郷の内モンゴルでの牧畜の豊かな可能性を語り、ある留学生は中国脱出にかけた自由と民主への想いを語った。ある留学生は日本の大学の研究条件の問題を嘆き、他の留学生は身元保証人のセクハラに悩み、別の就学生はアルバイト先での深夜勤に疲れ果てていた。ある韓国人留学生は大学の人間関係の中で日韓の特別な歴史を改めて実感し、あるインドネシア人留学生はムスリムの意味を再発見していた。ある研修生は日本企業の生産性の高さと日本人労働者の「愛社精神」に驚嘆し、別の就学生は日本の下層階級の高齢者の孤立と生活不安にあきれていた。日本で学ぶアジア系外国人の実態調査。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1部 問題提起(基本的問題意識
  • 歴史-社会観の再検討
  • 方法論・概念装置 ほか)
  • 第2部 生活誌分析(調査の概要
  • 研修生・留学生・就学生の基本属性と生活史
  • 研修生の生活過程 ほか)
  • 第3部 考察(考察の視点
  • 「専門性」とその修得
  • 相互行為・異文化接触に伴う文化変容 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 問題提起(歴史-社会観の再検討
  • 方法論・概念装置
  • 研修生・留学生・就学生の概況と先行研究)
  • 第2部 生活誌分析(研修生・留学生・就学生の基本属性と生活史
  • 研修生の生活過程
  • 留学生・就学生の生活過程 ほか)
  • 第3部 考察(「専門性」とその修得
  • 相互行為・異文化接触に伴う文化変容
  • 国家・社会認識とその変容)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はしがき / p1
  • 第1部 問題提起
  • 序説-基本的問題意識- / p2
  • 第1章 歴史-社会観の再検討 / p5
  • 第1節 現代世界社会の構造と転換 / p5
  • 第2節 世界社会変動・変革の理論的模索 / p7
  • 第3節 転換期としての「近代」 / p11
  • 第4節 転換期としての「現代」 / p13
  • 第5節 高度経済成長期の日本社会 / p17
  • 第6節 日本社会の「転換」 / p21
  • 第2章 方法論・概念装置 / p25
  • 第1節「主体-社会構造」の分析枠組をめぐって / p25
  • 第2節「主体変容-社会変動」と社会環境論 / p28
  • 第3節 生活過程論-文化変容論 / p31
  • 第3章 研修生・留学生・就学生の概況と先行研究 / p35
  • 第1節 日本における外国人来住・在留の概況 / p35
  • 第2節 研修の概況 / p37
  • 第3節 留学・就学の概況 / p40
  • 第4節 先行研究の到達点と課題 / p42
  • 第2部 生活誌分析
  • 序説-調査の概要- / p48
  • 第1章 研修生・留学生・就学生の基本属性と生活史 / p50
  • 第1節 来日前の基本属性 / p50
  • 第2節 来日の動機・目的と不安 / p59
  • 第3節 来日後の在留資格・所属機関の変遷 / p71
  • 第4節 小括 / p77
  • 第2章 研修生の生活過程 / p83
  • 第1節 研修受入諸機関の基本属性 / p83
  • 第2節 研修内容と諸問題 / p90
  • 第3節 研修-生活時間と諸問題 / p101
  • 第4節 研修-生活費と諸問題 / p105
  • 第5節 小括 / p108
  • 第3章 留学生・就学生の生活過程 / p111
  • 第1節 研究・学習過程と諸問題 / p111
  • 第2節 労働過程と諸問題 / p120
  • 第3節 収支構造と諸問題 / p134
  • 第4節 生活時間と諸問題 / p145
  • 第5節 小括 / p152
  • 第4章 研修生・留学生・就学生をめぐる社会諸関係 / p160
  • 第1節 日本人との社会諸関係の構造 / p160
  • 第2節 日本人との社会関係における諸問題 / p175
  • 第3節 同国人との社会諸関係 / p184
  • 第4節 小括 / p191
  • 第5章 研修生・留学生・就学生の文化葛藤 / p198
  • 第1節 日本語の習得状況とコミュニケーション / p198
  • 第2節 生活習慣の相違 / p207
  • 第3節 「労働観」の相違 / p213
  • 第4節「人間関係観」の相違 / p230
  • 第5節 小括 / p243
  • 第6章 研修生・留学生・就学生の社会認識の変容 / p251
  • 第1節「経済大国=日本」からみた母国経済の諸問題 / p252
  • 第2節 母国の政治的諸問題 / p262
  • 第3節「経済大国=日本」の経済的諸問題 / p272
  • 第4節 日本と母国の文化・社会・教育的諸問題 / p279
  • 第5節 侵略戦争の歴史認識 / p284
  • 第6節 小括 / p289
  • 第7章 研修生・留学生・就学生の人生観と将来指向 / p295
  • 第1節 人生観とその変化 / p295
  • 第2節 研修・留学・就学の成果・自己変容 / p303
  • 第3節 将来指向 / p311
  • 第4節 小括 / p323
  • 第8章 受入側日本人の文化変容 / p329
  • 第1節 文化変容の少なさ / p329
  • 第2節 研修先企業・農家の文化変容 / p330
  • 第3節 日本社会の矛盾の再認識-研修先農家・就学生雇用企業- / p332
  • 第4節 社会的矛盾の相互認識と人間的連帯-研修先農家・就学生雇用企業- / p335
  • 第5節 小括 / p337
  • 第3部 考察
  • 序説-考察の視点- / p340
  • 第1章「専門性」とその修得 / p343
  • 第1節「専門性」修得をめぐる諸問題 / p343
  • 第2節「専門性」修得の意義 / p348
  • 第2章 相互行為・異文化接触に伴う文化変容 / p374
  • 第1節 中国人企業研修生と中堅企業の日本人労働者 / p374
  • 第2節 中国人農業研修生と日本人酪農家 / p381
  • 第3節 国費・理工学系大学院留学生と日本人の大学教員・大学院生 / p386
  • 第4節 文系大学院・私立大学の中国人私費留学生と大学外の日本人-保証人,アルバイト先のホワイトカラー労働者- / p391
  • 第5節 専門学校留学生・就学生と学校外の日本人-保証人,アルバイト先の零細企業主・単純労働者- / p394
  • 第6節 ナショナリティと民族差別 / p402
  • 第3章 国家・社会認識とその変容 / p414
  • 第1節 出国動機と日本・母国 / p414
  • 第2節 経済システムと矛盾の再認識 / p417
  • 第3節 市民的自由・政治的民主主義・歴史認識 / p420
  • 第4節 今後の国家との関わり / p427
  • 補注 / p433
  • 文献目録 / p465

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本で学ぶアジア系外国人 : 研修生・留学生・就学生の生活と文化変容
著作者等 浅野 慎一
書名ヨミ ニホン デ マナブ アジアケイ ガイコクジン : ケンシュウセイ リュウガクセイ シュウガクセイ ノ セイカツ ト ブンカ ヘンヨウ
書名別名 Nihon de manabu ajiakei gaikokujin
出版元 大学教育
刊行年月 1997.2
ページ数 482p
大きさ 22cm
ISBN 488730191X
NCID BA30635457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98043999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想