脳障害者の心理療法における治療セッティング : 心理的治療の契機としての病識獲得の展開

[目次]

  • =目次= / p1
  • 【第1部 心理的不適応の一指標としての病識障害~理論的検討】 / p1
  • 緒言 / p1
  • 第1章 脳障害者臨床研究の概観 / p2
  • 第1節 諸研究領域における脳障害者人格反応の把捉 / p3
  • 第1項 精神病理的側面 / p3
  • 第2項 神経学的側面 / p9
  • 第3項 心理臨床的側面 / p11
  • 第4項 身体障害に対する心理的適応の問題 / p15
  • 第2節 脳障害者の人格反応の視座 / p16
  • 第1項 正常・異常の概念 / p17
  • 第2項 心理的健康の視点 / p18
  • 第3項 病態心理の次元 / p21
  • 要約 / p25
  • 第2章 病識の心理臨床的視点 / p26
  • 第1節"気づき"を支える概念的枠組み~"I"と"me"からの把捉 / p26
  • 第2節 患者-治療者間の意識の主体・被主体の関係 / p31
  • 第3節 脳障害者における意識の主体・被主体の関係 / p33
  • 第4節 治療的指標としての『病識段階』 / p38
  • 第1項『病識段階』仮説の提示 / p39
  • 第2項 脳障害における病識出現 / p48
  • 第5節 病識障害としての病態失認 / p52
  • 第1項 研究背景 / p52
  • 第2項 方法 / p54
  • 第3項 症例の記載 / p55
  • 第4項 考察 / p88
  • 補足と要約 / p96
  • 第3章 病識回復過程における情動反応 / p98
  • 第1節 脳障害者の情動に及ぼす諸要因の分析 / p98
  • 第1項 研究背景 / p98
  • 第2項 方法 / p105
  • 第3項 結果と考察 / p105
  • 第2節 病理的人格反応図式の提示 / p121
  • 第1項 病理的人格反応図式の構成 / p121
  • 第2項 病理的人格反応図式における病態失認患者の位置づけ / p131
  • 第3項 脳障害後の心理過程モデル / p133
  • 第4項 病の経過に伴う人格変化と病識の深まりとの関係 / p135
  • 補足と要約 / p141
  • 第4章 脳障害者に対する心理療法論 / p143
  • 第1節 病識獲得の視点からの心理療法 / p143
  • 第1項 脳障害者の心理療法に関する仮説 / p145
  • 第2項 脳障害と関連する心理療法 / p151
  • 補足と要約 / p152
  • 【第2部 病識障害に対する心理治療の組織化】 / p153
  • 第5章 病態失認の回復過程に関する研究 / p153
  • 緒言 / p153
  • 第1節 相貌失認を伴う重度の病態失認症例 / p154
  • 第1項 症例の概要 / p154
  • 第2項 見当識訓練計画 / p158
  • 第3項 見当識訓練中の患者の様子 / p160
  • 第4項 見当識訓練の結果 / p161
  • 第5項 心理テスト結果 / p165
  • 第6項 見当識訓練後の経過 / p165
  • 第7項 考察 / p168
  • 第8項 総括 / p173
  • 第2節 痴呆患者に対する病識回復訓練の適用 / p173
  • 第1項 研究背景 / p173
  • 第2項 症例の概要 / p174
  • 第3項 見当識訓練計画 / p175
  • 第4項 見当識訓練中の面接内容 / p179
  • 第5項 見当識訓練前後の病室内における患者の動き / p184
  • 第6項 見当識訓練の結果 / p186
  • 第7項 心理テスト結果 / p190
  • 第8項 考察 / p190
  • 第9項 総括 / p191
  • 第3節 書字応答からみた病識回復例 / p192
  • 第1項 症例の概要 / p192
  • 第2項 心理テスト結果 / p192
  • 第3項 見当識訓練計画 / p193
  • 第4項 見当識訓練中の自己理解に関する書字応答 / p193
  • 第5項 考察 / p207
  • 第6項 総括 / p207
  • 第4節 3つの症例の総括 / p207
  • 終結 本研究における心理治療セッティング / p209
  • 1 心理治療の枠組みとしての『病識段階』 / p209
  • 資料 / p212
  • 第1資料"気づき"の語義の問題と,人間主義的アプローチにおける病理観 / p212
  • 第2資料 脳障害者の病識の展開に関する臨床・統計的研究 / p230
  • 第3資料 病理的人格反応図式を説明するための症例検討 / p256
  • 第4資料 前病識で停滞を示した一脳障害児の心理療法 / p269
  • 文献 / p284

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 脳障害者の心理療法における治療セッティング : 心理的治療の契機としての病識獲得の展開
著作者等 小山 充道
書名ヨミ ノウ ショウガイシャ ノ シンリ リョウホウ ニ オケル チリョウ セッティング : シンリテキ チリョウ ノ ケイキ ト シテ ノ ビョウシキ カクトク ノ テンカイ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想