外国為替取引の自由化と決済及び資金・リスク管理の効率化

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1部 金融規制と外国為替及び外国貿易法 / p4
  • 第1章 外国為替取引および国際資本取引に関する法律の歴史 / p6
  • 第1節 1980年大改正までの外国為替管理法の歴史 / p10
  • 第2節 1980年の外国為替管理法の改正 / p21
  • 第2章 旧外為法と特殊決済制度 / p50
  • 第1節 特殊決済制度 / p50
  • 第2節 許可不要の「特殊決済」 / p54
  • 第3章 新外為法の「為銀」制度の廃止 / p63
  • 第1節 「為銀」制度の廃止 / p63
  • 第2節 銀行の確認義務及び外国為替業務の報告 / p65
  • 第4章 支払等と資本取引について / p73
  • 第1節 支払等と資本取引の扱いについて:1998年外為法改正以前 / p73
  • 第2節 支払等と資本取引の扱いについて:1998年外為法改正後 / p83
  • 第1部の参考文献 / p96
  • 第2部 ネッティングによる決済の効率化とリスク管理 / p102
  • 第1章 支払制度とネッティング / p103
  • 第1節 クリアランスと決済 / p103
  • 第2節 ネッティングの分類 / p104
  • 第3節 ネッティングの利益とコスト / p107
  • 第2章 日米のネッティング関連法 / p114
  • 第1節 日本の「一括清算法について」 / p114
  • 第2節 米国のネッティングに関する法律:1991年FDICIA法 / p117
  • 第3章 外国為替取引、通貨オプション取引およびスワップ取引のネッティングに関する国際的取り決め / p131
  • 第1節 外国為替取引のネッティング:IFEMA / p132
  • 第2節 通貨オプション取引のネッティング:ICOM Master Agreement / p135
  • 第3節 スワップ取引のネッティング:ISDA Master Agreement / p139
  • 第4節 デポジットネッティングについて / p142
  • 第5節 ネッティングに対するBISの姿勢 / p143
  • 第4章 ネッティングの有効性を巡る法律論:展望 / p159
  • 第1節 相殺、交互計算、段階交互計算について / p159
  • 第2節 ネッティングをめぐる法律論:一括清算法以前 / p162
  • 第3節 「マルチ一括清算」の法的問題と制度設計 / p170
  • 第4節 一括清算法成立後の論議 / p175
  • 第5章 銀行間決済に於けるリスク管理の最近の動向 / p187
  • 第1節 日本に於ける最近の動向 / p187
  • 第2節 海外の決済システムの動向 / p189
  • 第6章 企業間のネッティングの実際 / p206
  • 第1節 外為法改正と非金融企業への影響 / p206
  • 第2節 非金融企業によるネッティングシステムの導入例 / p207
  • 第3節 銀行によるネッティングサービスの提供 / p209
  • 第3部 ネッティングの経済学的分析 / p225
  • 第1章 ペイメントネッティング / p227
  • 第1節 2当事者間のペイメントネッティング / p227
  • 第2節 多角的ネッティングについて / p230
  • 第3節 2国間取引の場合:旧外為法下の現実 / p232
  • 第4節 ネッティングによる取引数と取引額の削減策 / p233
  • 第5節 複数通貨の取引を含む場合 / p240
  • 第2章 オブリゲーションネッティングと一括清算ネッティング / p243
  • 第1節 オブリゲーションネッティング / p243
  • 第2節 一括清算ネッティング / p246
  • 第3章 ネッティングの担保的機能 / p251
  • 第1節 ネッティング契約がない場合 / p252
  • 第2節 ネッティングが行われる場合 / p254
  • 第4章 ネッティングとプーリングの関係について / p258
  • 第1節 "純粋なネッティングセンター"の場合 / p258
  • 第2節 In-house bankのネッティングとプーリング / p259
  • 終わりに / p262
  • 第2部、第3部の参考文献 / p264

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 外国為替取引の自由化と決済及び資金・リスク管理の効率化
著作者等 梁 在英
書名ヨミ ガイコク カワセ トリヒキ ノ ジユウカ ト ケッサイ オヨビ シキン リスク カンリ ノ コウリツカ
刊行年月 [2001]
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想