海洋細菌の生産する新規抗生物質チオマリノールの構造と生物活性に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 略号一覧
  • 序論 / p1
  • (1)抗生物質と耐性菌、特にMRSAについて / p1
  • (2)抗生物質の探索と海洋天然物化学 / p10
  • (3)本論文の概要とそれに対応した周辺領或の概説 / p18
  • 第一章 菌株の同定、培養およびチオマリノールの単離 / p27
  • 1.1 生産菌の同定 / p27
  • 1.2 チオマリノールの醗酵生産および単離 / p35
  • 1.3 ナオマリノール関連化合物の単離 / p48
  • 1.4 まとめ / p50
  • 1.5 考察 / p51
  • 1.6 実験 / p55
  • 第二章 構造解析 / p62
  • 2.1 チオマリソールA / p62
  • 2.2 チオマリソールB / p85
  • 2.3 チオマリノールC / p99
  • 2.4 チオマリソールD / p105
  • 2.5 チオマリノールE / p111
  • 2.6 チオマリノールF / p117
  • 2.7 チオマリノールG / p119
  • 2.8 チオマリノール関連化合物 / p121
  • 2.9 まとめ / p130
  • 2.10 考察 / p130
  • 2.11 実験 / p141
  • 第三章 生物活性 / p182
  • 3.1 In vitro抗菌活性 / p182
  • 3.2 感染治療効果 / p186
  • 3.3 まとめ / p186
  • 3.4 考察 / p187
  • 3.5 実験 / p191
  • 第四章 構造活性相関 / p192
  • 4.1 チオマリノール関連化合物の調製 / p198
  • 4.2 In vitro抗菌活性 / p198
  • 4.3 併用効果 / p210
  • 4.4 マウスに対する毒性 / p213
  • 4.5 細胞毒性 / p216
  • 4.6 まとめ / p217
  • 4.7 考察 / p218
  • 4.8 実験 / p221
  • 第五章 作用機作 / p224
  • 5.1 高分子合成阻害 / p225
  • 5.2 アミノアシルtRNA合成酵素阻害 / p238
  • 5.3 アミノ酸措抗 / p248
  • 5.4 細菌細胞への移行 / p250
  • 5.5 まとめ / p262
  • 5.6 実験 / p265
  • 総括 / p272
  • (1)本研究の要約 / p272
  • (2)本研究における目的の達成度 / p279
  • (3)今後の展望 / p283
  • 参考文献 / p286
  • 化合物一覧 / p303
  • 図表一覧 / p306
  • 謝辞 / p314

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海洋細菌の生産する新規抗生物質チオマリノールの構造と生物活性に関する研究
著作者等 塩澤 秀幸
書名ヨミ カイヨウ サイキン ノ セイサン スル シンキ コウセイ ブッシツ チオマリノール ノ コウゾウ ト セイブツ カッセイ ニ カンスル ケンキュウ
刊行年月 [2000]
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想