リモートセンシングデータを用いたアジア主要河川流域における土地利用変化と生産力の推定

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 序論 / 1-1
  • 1.1 研究の背景 / 1-1
  • 1.2 研究の目的 / 1-5
  • 1.3 論文の構成 / 1-5
  • 1.4 用語の定義 / 1-7
  • 参考文献 / 1-9
  • 第2章 利用データ / 2-1
  • 2.1 データ処理の流れ / 2-1
  • 2.2 標高 / 2-2
  • 2.3 河道網 / 2-2
  • 2.4 国境線 / 2-2
  • 2.5 土地被覆 / 2-3
  • 2.6 植生指標 / 2-9
  • 2.7 光合成有効放射量 / 2-10
  • 2.8 農業生産量統計 / 2-11
  • 2.9 人口 / 2-11
  • 参考文献 / 2-12
  • 第3章 落水線モデルの開発 / 3-1
  • 3.1 概説 / 3-1
  • 3.2 従来の研究 / 3-1
  • 3.3 アルゴリズムの開発 / 3-4
  • 3.4 アジア主要河川流域の落水線モデルの作成 / 3-7
  • 3.5 落水線モデルの検証 / 3-9
  • 参考文献 / 3-12
  • 第4章 アジア主要河川流域の純一次生産力の推定および分析 / 4-1
  • 4.1 概説 / 4-1
  • 4.2 従来の研究 / 4-1
  • 4.3 純一次生産力の推定 / 4-2
  • 4.4 純一次生産力の分析 / 4-7
  • 4.5 本章のまとめ / 4-15
  • 参考文献 / 4-16
  • 第5章 アジア主要流域における穀物生産力に係わる3指標の推定 / 5-1
  • 5.1 概説 / 5-1
  • 5.2 従来の研究 / 5-2
  • 5.3 純一次生産量と穀物生産量の相関分析 / 5-3
  • 5.4 耕地面積拡大の可能性 / 5-5
  • 5.5 耕地NPP増大の可能性 / 5-12
  • 5.6 耕地における純一次生産量から穀物生産量への変換率向上の可能性 / 5-13
  • 5.7 本章のまとめ / 5-16
  • 参考文献 / 5-18
  • 第6章 アジア主要河川流域の人口収容力に関する分析 / 6-1
  • 6.1 概説 / 6-1
  • 6.2 従来の研究 / 6-1
  • 6.3 国別の穀物生産量および人口収容力 / 6-3
  • 6.4 人口収容力の推定 / 6-4
  • 6.5 本章のまとめ / 6-11
  • 参考文献 / 6-13
  • 第7章 結論 / 7-1
  • 7.1 結論 / 7-1
  • 7.2 今後の課題 / 7-3
  • 添付・カラー図 / 添付

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 リモートセンシングデータを用いたアジア主要河川流域における土地利用変化と生産力の推定
著作者等 越智 士郎
書名ヨミ リモートセンシング データ オ モチイタ アジア シュヨウ カセン リュウイキ ニ オケル トチ リヨウ ヘンカ ト セイサンリョク ノ スイテイ
刊行年月 [2000]
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想