食餌性Mg欠乏ラット血中に増加する分子量38kDaタンパク質の同定とそのタンパク質産生機序に関する研究

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 緒論 / p1
  • 第一章 食餌性Mg欠乏ラットの血漿中に増加する分子量38kDaタンパク質の発見と同定 / p3
  • 1.序論 / p3
  • 2.材料および方法 / p3
  • 3.統計分析 / p6
  • 4.結果 / p6
  • 5.考察 / p9
  • 6.小括および結論 / p10
  • Fig.およびTable / p12
  • 第二章 ラット肝臓でのHp mRNA合成に及ぼすMg欠乏の影響 / p21
  • 1.序論 / p21
  • 2.材料および方法 / p21
  • 3.統計分析 / p24
  • 4.結果 / p24
  • 5.考察 / p26
  • 6.小括および結論 / p28
  • Fig.およびTable / p29
  • 第三章 Mg欠乏による肝臓および肝細胞でのIL-1レセプターmRNA発現の誘導 / p37
  • 1.序論 / p37
  • 2.材料および方法 / p37
  • 3.結果 / p40
  • 4.考察 / p41
  • 5.小括および結論 / p44
  • Fig.およびTable / p45
  • 総合考察 / p48
  • 総括 / p50
  • 引用文献 / p52
  • 謝辞 / p62

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 食餌性Mg欠乏ラット血中に増加する分子量38kDaタンパク質の同定とそのタンパク質産生機序に関する研究
著作者等 中川 麻恵
書名ヨミ ショクジセイ Mg ケツボウ ラット ケッチュウ ニ ゾウカ スル ブンシリョウ 38kDa タンパクシツ ノ ドウテイ ト ソノ タンパクシツ サンセイ キジョ ニ カンスル ケンキュウ
刊行年月 2000
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想