非可換ゲージ場のストークス定理

[目次]

  • 目次 / p1
  • 1 Introduction / p4
  • 2 ストークス定理について / p8
  • 2.1 ストークス定理の数学的定義 / p8
  • 2.2 物理学での使用例 / p8
  • 3 非可換ゲージ場 / p13
  • 3.1 ゲージ場 / p13
  • 3.2 SU(2)ゲージ場 / p16
  • 3.3 SU(N)ゲージ場 / p17
  • 3.4 Faddeev-Niemi Ansatz / p19
  • 3.5 Periwal Ansatz / p19
  • 4 これまでに導かれた非可換ゲージ場のストークス定理 / p21
  • 4.1 Schlesingerの表式 / p21
  • 4.2 Aref'evaの表式 / p24
  • 4.3 平山-松原の表式 / p30
  • 4.4 Diakonov-Petrovの表式 / p38
  • 5 非自明なループでの非可換ゲージ場のストークス定理 / p42
  • 5.1 Seifert曲面の張り方について / p42
  • 5.2 三つ葉結び目についてのNAST / p49
  • 5.3 Hopf絡み目についての非可換ゲージ場のストークス定理 / p54
  • 5.4 一般の絡み目についてのNAST / p56
  • 5.5 Summary / p59
  • 6 SU(N)ゲージ場についてのFaddeev-Niemi-Periwal Ansatzの存在条件 / p61
  • 6.1 SU(2)の場合について / p61
  • 6.2 SU(N)の場合 / p66
  • 6.3 Summary / p68
  • 6.A (6.1.14)の導出 / p69
  • 6.B (6.1.24)を保証する36個の関数 / p70
  • 7 群論的コヒーレント状態を用いた経路積分形式でのNAST / p72
  • 7.1 Stoneの表式について / p72
  • 7.2 面積分の被積分関数についてのいくつかの表現 / p73
  • 7.3 SU(N)の基本表現の特殊性 / p77
  • 7.4 Summary / p79
  • Abstruct / p3

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 非可換ゲージ場のストークス定理
著作者等 上野 将貴
書名ヨミ ヒカカン ゲージバ ノ ストークス テイリ
書名別名 Non-abelian Stokes theorem
刊行年月 2001
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想