制御システムにおける高安全論理設計手法の研究

[目次]

  • 目次
  • 1.序論 / p1
  • 1.1 研究の目的 / p1
  • 1.2 研究の対象と背景 / p3
  • 参考文献(1章) / p8
  • 2.高位論理自動生成手法についての検討と評価 / p11
  • 2.1 緒言 / p11
  • 2.2 マイクロプログラム方式の制御論理合成方式の検討と評価 / p12
  • 2.3 論理設計知識を表現するのに適した推論方式 / p31
  • 2.4 結論 / p50
  • 参考文献(2章) / p51
  • 3.順序回路の最適自動合成手法の開発 / p54
  • 3.1 緒言 / p54
  • 3.2 時間論理分割手法による順序回路の合成方式 / p56
  • 3.3 高次の相関行列を用いた順序回路の状態符号割り当て手法 / p78
  • 3.4 結言 / p92
  • 参考文献(3章) / p93
  • 4.フェールセーフシステム設計手法 / p95
  • 4.1 緒言 / p95
  • 4.2 フェールセーフシステムと情報エントロピー / p97
  • 4.3 フェールセーフ情報処理 / p102
  • 4.4 東京圏輸送管理システム(ATOS)におけるフェールセーフ情報処理の適用 / p107
  • 4.5 結言 / p126
  • 参考文献(4章) / p128
  • 5.結論 / p130
  • 5.1 本論文の研究対象と成果 / p130
  • 5.2 今後の課題 / p136
  • 参考文献(5章) / p138
  • 謝辞 / p139

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 制御システムにおける高安全論理設計手法の研究
著作者等 戸次 圭介
書名ヨミ セイギョ システム ニ オケル コウアンゼン ロンリ セッケイ シュホウ ノ ケンキュウ
刊行年月 2000
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想