道路交通騒音の舗装による低減化に関する研究

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 1-1 研究の背景 / p1
  • 1-2 研究の目的と本論文の構成 / p7
  • 参考文献 / p11
  • 第2章 騒音低減の原理に関する研究 / p13
  • 2-1 低騒音舗装の開発経緯 / p13
  • 2-2 騒音低減の原理に関する既往の研究 / p13
  • 2-3 材料性状と騒音低減に関する既往の研究 / p19
  • 2-4 材料性状と騒音低減効果に関する室内試験による検討 / p23
  • 2-5 まとめ / p37
  • 参考文献 / p38
  • 第3章 道路交通騒音の実態分析 / p41
  • 3-1 交通騒音の実態分析の方法 / p41
  • 3-2 対象地点の抽出とデータ項目 / p41
  • 3-3 実態分析の結果 / p42
  • 3-4 現行の低騒音舗装の騒音低減効果 / p43
  • 3-5 まとめ / p43
  • 参考文献 / p44
  • 第4章 交通騒音に影響する各種要因に関する検討 / p57
  • 4-1 騒音レベルと交通量の関係 / p57
  • 4-2 騒音レベルと路面性状の関係 / p57
  • 4-3 騒音レベルと路面のテクスチャとの関係 / p59
  • 4-4 まとめ / p61
  • 参考文献 / p63
  • 第5章 低騒音舗装の機能向上に関する室内試験による検討 / p71
  • 5-1 低騒音舗装の機能向上の必要性 / p71
  • 5-2 検討の対象とした低騒音舗装の概要 / p73
  • 5-3 試験の概要 / p74
  • 5-4 試験結果と評価 / p76
  • 5-5 まとめ / p83
  • 参考文献 / p84
  • 第6章 低騒音舗装の機能向上に関する試験施工による検証 / p87
  • 6-1 試験施工の流れ / p87
  • 6-2 試験施工箇所と区割り / p87
  • 6-3 使用材料の性状 / p91
  • 6-4 施工方法 / p91
  • 6-5 調査内容 / p91
  • 6-6 騒音調査の結果と評価 / p99
  • 6-7 まとめ / p124
  • 参考文献 / p125
  • 第7章 低騒音舗装の街路への適用性に関する研究 / p127
  • 7-1 各種低騒音舗装の街路への適用性に関する研究 / p127
  • 7-2 供用後の機能の持続性 / p130
  • 7-3 施工性とコスト / p133
  • 7-4 各低騒音舗装の適用性に関する検討 / p134
  • 7-5 要請限度超過地点解消の方向性 / p134
  • 第8章 結論 / p137
  • 8-1 本研究で得られた結論 / p137
  • 8-2 今後の研究課題 / p140
  • 付録 供用中道路における騒音測定に関する考察 / p142
  • 1 環境基準による方法 / p142
  • 2 騒音測定車(RAC車)による方法 / p147
  • 3 各測定方法で得られるデータの関連性 / p160
  • 4 供用中道路における騒音測定に関するまとめ / p168
  • 参考文献 / p169
  • 謝辞 / p170

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 道路交通騒音の舗装による低減化に関する研究
著作者等 竹田 敏憲
書名ヨミ ドウロ コウツウ ソウオン ノ ホソウ ニ ヨル テイゲンカ ニ カンスル ケンキュウ
刊行年月 2000
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想