近接場光学顕微鏡のためのファイバープローブの作製に関する研究

[目次]

  • 論文目録
  • 目次
  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 研究の背景 / p1
  • 1.2 ファイバープローブのニーズと従来のプローブ技術に関する問題 / p1
  • 1.3 標題研究を始めた動機・目的と本論文の意義 / p5
  • 1.4 本論文の構成・概要 / p7
  • 第2章 特定の応用範囲を対象とするプローブの設計 / p9
  • 2.1 6つの応用指向プローブの設計要素 / p9
  • 2.2 6つの設計要素に基づく統合的設計手法 / p19
  • 2.3 まとめ / p22
  • 第3章 光ファイバーの選択エッチングとファイバーガラスの溶解速度 / p23
  • 3.1 二つの領域からなる物体の選択エッチング / p23
  • 3.2 テーパー化工程と陥没工程の幾何学的モデル / p24
  • 3.3 フッ素添加石英クラッドを持つ光ファイバーの溶解速度 / p25
  • 3.4 二酸化ゲルマニウム添加コアを持つ光ファイバーの溶解速度 / p25
  • 3.5 種々の通信用光ファイバーのテーパー化 / p26
  • 3.6 まとめ / p27
  • 第4章 分散補償ファイバーのテーパー化法とその幾何学的モデル / p29
  • 4.1 Shoulder形プローブを作製するためのテーパー化技術とその幾何学的モデル / p29
  • 4.2 Pencil形プローブを作製するためのテーパー化技術とその幾何学的モデル / p34
  • 4.3 まとめ / p41
  • 第5章 可視用多段屈折率型ファイバーとそのテーパー化の技術 / p43
  • 5.1 複合選択エッチングの幾何学的モデルに基づく可視用多段屈折率型ファイバーの設計・作製 / p43
  • 5.2 Pencil形プローブと三重テーパー化プローブを作製するためのテーパー化法 / p45
  • 5.3 単一モード多モードファイバープローブを作製するためのテーパー化法 / p47
  • 5.4 まとめ / p48
  • 第6章 純粋石英コアを持つファイバーとそのテーパー化の技術 / p49
  • 6.1 紫外用多段屈折率型ファイバーの複合選択エッチングに基づくテーパー化技術 / p49
  • 6.2 純粋石英コアを持つ通信用ファイバーのテーパー化技術 / p51
  • 6.3 まとめ / p53
  • 第7章 金属化の技術 / p55
  • 7.1 選択的樹脂コーティング法 / p55
  • 7.2 化学研磨法 / p57
  • 7.3 無電解めっき法 / p59
  • 7.4 金属-誘電体-金属の真空蒸着法 / p61
  • 7.5 単一モード多モードファイバープローブを作製するための金属化法 / p61
  • 7.6 まとめ / p62
  • 第8章 プローブの性能評価 / p65
  • 8.1 生体試料観測の形状測定,構造観測 / p65
  • 8.2 半導体デバイス,ナノ光デバイスの分光分析 / p72
  • 8.3 まとめ / p81
  • 第9章 今後の展望 / p83
  • 第10章 結論 / p85
  • 本研究に関連する論文等 / p93
  • 標題研究に関連するその他の公開論文 / p93
  • 標題研究に関連するその他の公開論文 / p93
  • 本研究に関連する国際学会関連発表 / p94
  • 本研究に関連する国内学会および研究会での発表 / p94
  • 本研究に関連する書籍 / p95
  • 本研究に関連する取得特許 / p96
  • 本研究に関連するその他の公開特許資料 / p96
  • 本研究に関連する解説・記事 / p96
  • 付録A 近接場光学顕微鏡システムに関する研究の歩み / p97
  • A.1 金属コートプローブを用いる近接場光学顕微鏡の開発 / p97
  • A.2 テーパー化ファイバープローブを用いるc-mode顕微鏡の開発 / p98
  • A.3 金属製プローブ,半導体製プローブを用いる近接場光学顕微鏡の開発 / p98
  • 参考文献 / p99
  • 付録B 顕微鏡方式,走査方式,試料-プローブ間距離制御方式 / p101
  • B.1 3つの顕微鏡方式 / p101
  • B.2 走査方式と制御モード / p102
  • 参考文献 / p104
  • 付録C 従来のプローブ技術 / p109
  • C.1 溶融延伸と真空蒸着 / p109
  • C.2 メニスカス・エッチング / p109
  • 参考文献 / p111
  • 付録D 緩衝弗化水素水溶液中での石英ガラスの溶解 / p113
  • 参考文献 / p114
  • 付録E 無電解めっき / p115
  • E.1 無電解めっきに関する基本的反応式 / p115
  • E.2 ホスフィン酸の還元剤が用いられる無電解ニッケルめっき / p115
  • E.3 微小領域における金属の析出 / p116
  • 参考文献 / p117

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近接場光学顕微鏡のためのファイバープローブの作製に関する研究
著作者等 物部 秀二
書名ヨミ キンセツジョウ コウガク ケンビキョウ ノ タメ ノ ファイバー プローブ ノ サクセイ ニ カンスル ケンキュウ
刊行年月 1999
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想