被差別部落史の研究 : 移行期を中心にして

山本尚友 著

[目次]

  • 目次 / p7
  • はじめに / p1
  • 第一章 古代から中世ヘ / p13
  • 第一節 古代末期における非人身分の生成 / p15
  • 中世非人身分の研究動向 / p15
  • 罪人としての非人の語 / p17
  • 検非違使の罪人支配 / p21
  • 乞食の発生 / p25
  • 平安京の下層民と京中賑給 / p29
  • 平安京の乞食と施行 / p34
  • 『古事記』にみる穢れの原義 / p38
  • 『貞観儀式』の穢れ日限規定 / p41
  • 『延喜式』の甲乙丙三転の穢 / p44
  • 非人身分の成立 / p48
  • 非人身分の成立時期 / p53
  • 第二節 中世における非人の賤民集団への分化 / p65
  • 清水坂非人と宿の支配 / p65
  • 掃除散所の形成 / p76
  • 放免の身分上昇 / p81
  • 穢多=清目身分の成立 / p87
  • 第二章 中世から近世へ / p105
  • 第一節 中近世移行期の賤民集団と権力の動向 / p107
  • 刑吏役と河原者 / p107
  • 社寺・公家出入りの河原者 / p116
  • 長棟堂から物吉村へ / p120
  • 悲田院の移転と悲田院村の成立 / p125
  • 悲田院村の非人支配 / p131
  • 声聞師の移住 / p137
  • 宿の非人的職掌からの離脱 / p145
  • 第二節 中世末・近世初頭における賤民集落の分布 / p159
  • 近世政治起源説の諸説の検討 / p159
  • 宿 / p166
  • 散所 / p188
  • 清目 / p231
  • まとめ / p258
  • 第三節 中世から近世における部落寺院の成立 / p265
  • 研究の現状 / p265
  • 幕府の宗教統制と本末制度 / p273
  • 部落寺院の地域的類型 / p282
  • 部落寺院の本末関係 / p298
  • 近畿型寺院の成立過程 / p311
  • 後進地域における部落寺院の成立 / p327
  • 「美作改宗一件」をどう位置づけるか / p336
  • 第四節 近世身分制と賤民身分 / p359
  • 賤民と被差別民 / p359
  • 賤民の概念規定と範囲 / p363
  • 集団性の契機 / p365
  • 政治的身分と社会的身分 / p371
  • 近世の賤民身分の特色 / p373
  • 種姓観念の衰退 / p376
  • 第三章 近世から近代ヘ / p381
  • 第一節 真宗の信仰と平等の追及 / p383
  • 丹後廿日講の賑わい / p383
  • 奥丹後の真宗 / p388
  • 被差別部落の真宗受容と廿日講 / p392
  • 丹後廿日講の消長 / p401
  • 信仰の興隆と教団の差別 / p409
  • 信仰におる平等の追求 / p413
  • 第四章 前近代被差別部落史のスケッチ / p421
  • 第一節 山城井手郷の古代から中世 / p423
  • 井手の非人宿と河原者村 / p423
  • 近世社会と松原村 / p447
  • 第二節 散所の生成・解体と声聞師 / p497
  • 近年の陰陽師研究 / p497
  • 掃除散所と散所法師 / p500
  • 声聞師と陰陽道 / p507
  • 近世社会と土御門家の陰陽師支配 / p517
  • 声聞師=陰陽師の身分制上の位置 / p529
  • おわりに / p541
  • 成稿一覧 / p1
  • 引用史料 / p2
  • 引用文献 / p13
  • 索引 / p24

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 被差別部落史の研究 : 移行期を中心にして
著作者等 山本 尚友
書名ヨミ ヒサベツ ブラクシ ノ ケンキュウ : イコウキ オ チュウシン ニ シテ
出版元 岩田書院
刊行年月 1999
ページ数 543, 51p
大きさ 22cm
ISBN 487294156X
NCID BA45162381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20040414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想