ウレアーゼ陽性高温性Campylobacter(UPTC)におけるrrn operonの分子生物学的解析

[目次]

  • 課程博士論文の内容の要旨
  • 目次
  • 要旨 / p1
  • 序文 / p10
  • 材料および方法 / p13
  • 供試菌株 / p13
  • 培養方法および培養条件 / p13
  • PCR法 / p13
  • サブクローニング / p15
  • データの解析 / p19
  • 結果 / p19
  • 考察 / p24
  • 謝辞 / p30
  • 参考文献 / p31
  • 表および図

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ウレアーゼ陽性高温性Campylobacter(UPTC)におけるrrn operonの分子生物学的解析
著作者等 宮島 麻美子
書名ヨミ ウレアーゼ ヨウセイ コウオンセイ Campylobacter UPTC ニ オケル rrn operon ノ ブンシ セイブツガクテキ カイセキ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想