ヒト培養上皮細胞におよぼす歯周病原性細菌Fusobacterium nucleatumリポ多糖の影響 : HeLa細胞における生化学的および形態学的変化

[目次]

  • 目次
  • I.緒言 / p1
  • II.材料と方法 / p2
  • 1.使用した細胞と培地 / p2
  • 2.リポ多糖(LPS) / p2
  • 3.DNA合成およびタンパク質合成 / p2
  • 4.ALPase活性およびACPase活性の測定 / p3
  • 5.タンパク質の定量 / p4
  • 6.走査型電子顕微鏡の試料作成法 / p4
  • 7.統計処理 / p4
  • III.結果 / p5
  • 1.DNA合成への影響 / p5
  • 2.タンパク合成への影響 / p6
  • 3.総タンパク質量の変化 / p7
  • 4.ALPase活性への影響 / p8
  • 5.ACPase活性への影響 / p9
  • 6.形態学的変化 / p10
  • IV.考察 / p11
  • 1.DNA合成とタンパク質合成への影響について / p11
  • 2.ALPaseおよびACPase活性への影響について / p14
  • 3.形態学的変化について / p15
  • 4.F.nucleatum LPSとE.coli LPSの比較について / p15
  • V.結論 / p15
  • 文献 / p16

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ヒト培養上皮細胞におよぼす歯周病原性細菌Fusobacterium nucleatumリポ多糖の影響 : HeLa細胞における生化学的および形態学的変化
著作者等 加藤 弘之
書名ヨミ ヒト バイヨウ ジョウヒ サイボウ ニ オヨボス シシュウ ビョウゲンセイ サイキン Fusobacterium nucleatum リポタトウ ノ エイキョウ : HeLa サイボウ ニ オケル セイカガクテキ オヨビ ケイタイガクテキ ヘンカ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想