核子の電磁的偏極率

田主裕一朗 [著]

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 序論 / p3
  • 第2章 電磁的偏極率 / p6
  • 2.1 コンプトン散乱 / p6
  • 2.2 電磁的偏極率の物理的意味 / p7
  • 2.3 分散関係式 / p8
  • 2.4 電磁的偏極率の理論的・実験的現状 / p11
  • 第3章 重バリオンカイラル摂動論(HBChPT)による電磁的偏極率 / p14
  • 3.1 重バリオンカイラル摂動論(HBChPT) / p14
  • 3.2 HBChPTによる電磁的偏極率 / p16
  • 3.3 △(1232)を含めたHBChPTによる電磁的偏極率 / p18
  • 3.4 計算結果 / p21
  • 第4章 1/Nc展開による電磁的偏極率 / p23
  • 4.1 large Ncバリオン模型 / p23
  • 4.2 分散関係式 / p25
  • 4.3 電磁相互作用 / p26
  • 4.4 非ボルン項 / p27
  • 4.5 πº交換項 / p39
  • 4.6 計算結果 / p40
  • 第5章 ハイペロンの電磁的偏極率 / p44
  • 5.1 現状 / p44
  • 5.2 1/Nc展開による計算 / p45
  • 第6章 まとめ / p50
  • 付録A / p51
  • A.1 スカーム模型における電磁相互作用ラグランジアン / p51
  • A.2 積分公式 / p53
  • A.3 Nπ電気部分の分散関係式 / p54
  • Spin-dependent polarizability of nucleon with dispersion relation in the Skyrme model / p6
  • Spin polarizabilities of the nucleon in a large Nc baryon model with dispersion relations / 065213-1
  • One-loop calculations of hyperon polarizabilities under the large Nc consistency condition / p1
  • Meson-hyperon couplings in the bound-state approach to the Skyrme model / p501

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 核子の電磁的偏極率
著作者等 田主 裕一朗
書名ヨミ カクシ ノ デンジテキ ヘンキョクリツ
出版元 [出版者不明]
刊行年月 [2000]
ページ数 58p
大きさ 30cm
NCID BB13958504
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想