在日韓国・朝鮮人の集住地域の形成と実態 -神奈川県の池上・桜本、戸手、寿の3地区を事例として

[目次]

  • 【目次】 / p1
  • 第I章 序論 / p1
  • 1.はじめに / p1
  • 2.資本主義の展開と国際労動力の移動、民族的集住 / p4
  • 3.民族的集住の概念と研究動向 / p8
  • 第II章 日本における国際労動力移動と移住労働者の居住地分布 / p14
  • 1.植民地朝鮮を中心とした日本への労動力移動 / p14
  • 2.終戦以降在日朝鮮人の職業と居住地分布 / p25
  • 3.神奈川県における在日韓国・朝鮮人居住地形成の歴史的要因 / p28
  • 4.まとめ / p33
  • 第III章 民族集住地域の形成要因と神奈川県における集住化過程分析 / p42
  • 1.民族集住地域形成の動き / p42
  • 2.民族集住地域の外部的形成要因 / p43
  • 3.民族集団内部での変化 / p50
  • 4.神奈川県における韓国・朝鮮人を中心とした外国人居住者の居住地分布の変化 / p52
  • 5.まとめ / p60
  • 第IV章 神奈川県内における在日韓国・朝鮮人の集住化過程と現状 / p85
  • 1.池上・桜本地区の現状と課題 / p85
  • 2.戸手地区の現状と課題 / p97
  • 3.まとめ / p108
  • 第V章 「寄せ場」における韓国・朝鮮人 / p127
  • 1.寄せ場の概念と構成要素 / p128
  • 2.寄せ場「寿」の形成過程と現状 / p136
  • 3.寿の韓国・朝鮮人 / p145
  • 4.まとめ / p151
  • 第VI章 韓国・朝鮮人コミュニティのなかの住民意識と社会関係 / p162
  • 1.民族集住地域における在日韓国・朝鮮人内部の関係 / p162
  • 2.民族集住地域における日本人と在日韓国・朝鮮人の関係 / p166
  • 3.民族集団内部におけるニューカマー韓国人と在日韓国・朝鮮人の関係 / p171
  • 4.ニューカマー韓国人のライフヒス卜リーからみる集住地域における社会関係 / p174
  • 5.まとめ / p179
  • 第VII章 結論 / p182
  • 1.基本的指標と住民構成の面からみた地区別比較 / p182
  • 2.居住環境の面からみた地区別比較 / p185
  • 3.経済・社会環境の面からみた地区別比較 / p186
  • 4.「朝鮮人部落」の解体と日本での定住意識の定着化 / p189
  • 5.「在日」の共存に向けての意識転換 / p190
  • 5.「同化」から「統合」ヘ / p193
  • 第VIII章 今後の課題 / p201
  • 謝辞 / p204
  • 参考文献 / p205

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 在日韓国・朝鮮人の集住地域の形成と実態 -神奈川県の池上・桜本、戸手、寿の3地区を事例として
著作者等 曺賢美
書名別名 在日 韓国 朝鮮人 集住 地域 形成 実態 神奈川県 池上 桜本 戸 手 寿 地区
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想