NMRによるコリシンE6タンパク質の構造と分子間相互作用の解析

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序章 本研究の背景 / p1
  • はじめに / p1
  • 序-1 コリシンについて / p4
  • 序-1-1 E群コリシンについて / p4
  • 序-1-2 コリシンE3とE6について / p4
  • 序-1-3 コリシンの構造情報 / p6
  • 序-2 タンパク質のNMRとの関連 / p7
  • 序-2-1 NMRによるタンパク質の構造解析 / p7
  • 序-2-2 NMRスペクトルの組み合わせによるシグナルの連鎖帰属について / p8
  • 第一章 コリシンタンパク質の生産と精製 / p11
  • 1-1 材料 / p11
  • 1-2 使用菌株 / p16
  • 1-3 E6-CRD/Immコンプレックスの精製 / p16
  • 1-4 E3-CRD/Immコンプレックスの精製 / p19
  • 1-5 E6-CRDサブユニット及びE3-CRDサブユニットの精製 / p19
  • 1-6 ImmE6サブユニット及びImmE3サブユニットの精製 / p21
  • 1-7 E6/ImmE6およびE3/ImmE3コンプレックスの精製 / p22
  • 第二章 in vitroに於けるコリシンタンパクとImmタンパクの結合 / p23
  • 2-1 目的 / p23
  • 2-2 材料と方法 / p25
  • 2-3 結果と考察 / p27
  • 第三章 E6-CRDの構造解析 / p31
  • 3-1 目的 / p31
  • 3-2 材料と方法 / p32
  • 3-3 結果と考察 / p35
  • 第四章 ImE6タンパクの立体構造解析 / p41
  • 4-1 目的 / p41
  • 4-2 材料と方法 / p41
  • 4-3 結果と考察 / p43
  • 第五章 E6-CRD/Immコンプレックスの解析 / p46
  • 5-1 目的 / p46
  • 5-2 材料と方法 / p46
  • 5-3 結果と考察 / p48
  • 第六章 今後の展望 / p53
  • 6-1 蛋白質間相互作用のin vitroでの解析について / p53
  • 6-2 活性中心の検証 / p54
  • 6-3 タンパク質間の分子認識機構 / p55
  • 参考文献
  • 謝辞

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 NMRによるコリシンE6タンパク質の構造と分子間相互作用の解析
著作者等 大野光宏
書名別名 NMR コリシン E6 タンパク質 構造 分子間 相互 作用 解析
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想