ユリ科Ornithogalum saundersiaeおよびGaltonia candicans鱗茎の抗腫瘍性コレスタン配糖体の研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序論 / p3
  • 本論 / p7
  • 第一章 植物の抽出と成分の分離精製 / p7
  • 第一節 Ornithogalum saundersiae / p7
  • 第二節 Galtonia candicans / p10
  • 第二章 Cholest-5-ene-3β,16β-diolをアグリコンの基本骨格とする配糖体 / p12
  • 第一節 Cholest-5-ene-3β,16β,22-triol glycoside類(化合物1,2)の構造 / p12
  • 第二節 Cholest-5-ene-1β,3β,16β,22-tetrol glycoside類(化合物3-7)の構造 / p16
  • 第三節 Cholesta-5,23-diene-1β,3β,16β,25-tetrol glycoside類(化合物8,9)の構造 / p21
  • 第四節 Cholest-5-ene-3β,11α,16β,22-tetrol glycoside類(化合物10-17)の構造 / p27
  • 第五節 3β,16β,17α-Trihydroxycholest-5-en-22-one glycoside類(化合物18-29)の構造 / p37
  • 第三章 16,23-Epoxy-5β-cholestaneをアグリコンの基本骨格とする配糖体 / p48
  • 第一節 化合物30の構造 / p48
  • 第二節 化合物31の構造 / p55
  • 第四章 24(23→22)abeo-Cholestaneをアグリコンの基本骨格とする配糖体 / p59
  • 第一節 化合物32-39の構造 / p59
  • 第二節 化合物40の構造 / p68
  • 第三節 化合物41,42の構造 / p72
  • 第四節 転位型cholestaneの生合成経路に関して / p79
  • 第五章 腫瘍細胞に対する細胞増殖抑制活性 / p80
  • 第一節 HL-60細胞に対するin vitro増殖抑制活性試験 / p80
  • 第二節 他の腫瘍細胞に対するin vitro増殖抑制活性試験 / p82
  • 第三節 In vivo抗腫瘍活性試験 / p87
  • 総括 / p88
  • 実験の部 / p90
  • 第一章の実験 / p92
  • 第二章の実験 / p94
  • 第三章の実験 / p119
  • 第四章の実験 / p126
  • 第五章の実験 / p136
  • 引用文献 / p137
  • 謝辞 / p139

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ユリ科Ornithogalum saundersiaeおよびGaltonia candicans鱗茎の抗腫瘍性コレスタン配糖体の研究
著作者等 黒田 明平
書名ヨミ ユリカ Ornithogalum saundersiae オヨビ Galtonia candicans リンケイ ノ コウシュヨウセイ コレスタン ハイトウタイ ノ ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想