抗腫瘍性海産ステロイドAragusterol類に関する化学的研究

見留英路 [著]

[目次]

  • 目次
  • 序論 / p1
  • 第一章 Xestospongia属海綿からの抗腫瘍性海産ステロイドAragusterol類の単離,構造決定および抗腫瘍活性 / p6
  • 第一節 Aragusterol類の単離 / p7
  • 第二節 Aragusterol A,B,CおよびDの構造 / p13
  • 第三節 Aragusterol E,F,GおよびHの構造 / p21
  • 第四節 Xestokerol AおよびBの絶対配置 / p24
  • 第五節 Aragusterol類の抗腫瘍活性 / p27
  • 第二章 Aragusterol類の合成 / p29
  • 第一節 Aragusterol類の側鎖部セグメントの合成 / p31
  • 第二節 Aragusterol類の合成 / p34
  • 第三章 Aragusterol A-胆汁酸ハイブリッドアナログ等の合成および抗腫瘍活性 / p39
  • 第一節 Aragusterol A-胆汁酸ハイブリッドアナログ 5-Epiaragusterol Aの合成 / p41
  • 第二節 Aragusterol A-胆汁酸ハイブリッドアナログ 3α,7α-Dihydroxy-5-epiaragusterol Aの合成 / p44
  • 第三節 7α-Hydroxyaragusterol Aの合成 / p47
  • 第四節 ハイブリッドアナログの抗腫瘍活性 / p49
  • 第四章 Aragusterol Aのステロイド母核CD環部のエナンチオ選択的合成法の開発 / p51
  • 結語 / p60
  • 実験の部 / p64
  • 第一章 第一節 / p65
  • 第二節 / p70
  • 第三節 / p98
  • 第四節 / p105
  • 第五節 / p110
  • 第二章 第一節 / p111
  • 第二節 / p122
  • 第三章 第一節 / p131
  • 第二節 / p144
  • 第三節 / p153
  • 第四節 / p158
  • 第四章 / p159
  • 謝辞 / p176
  • 引用文献 / p177

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 抗腫瘍性海産ステロイドAragusterol類に関する化学的研究
著作者等 見留 英路
書名ヨミ コウシュヨウセイ カイサン ステロイド Aragusterolルイ ニ カンスル カガクテキ ケンキュウ
出版元 [見留英路]
刊行年月 [1999.3]
ページ数 iv, 180p
大きさ 30cm
NCID BA65593444
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想