トンネル煤煙用電気集じん装置の再飛散と壁面汚れに関する研究

[目次]

  • 第1章 序論 / p1
  • 1-1 研究背景 / p1
  • 1-2 研究の現状 / p3
  • 1-3 研究目的 / p8
  • 1-4 本論文の概要 / p9
  • 参考文献 / p10
  • 第2章 実験システムと粒子濃度測定方法 / p15
  • 2-1 緒言 / p15
  • 2-2 実験システム / p17
  • 2-3 粒子濃度測定 / p24
  • 2-4 結言 / p28
  • 参考文献 / p29
  • 第3章 再飛散粒子の排出プロセス / p31
  • 3-1 緒言 / p31
  • 3-2 集じん率の粒径特性と再飛散 / p33
  • 3-3 粒子再飛散プロセス / p40
  • 3-4 集じん電極上の堆積粒子 / p45
  • 3-5 電極上の集じん位置と粒子形状 / p49
  • 3-6 粒子堆積量への流速と電界の影響 / p57
  • 3-7 集じん率の時間特性と再飛散モデル / p59
  • 3-8 結言 / p62
  • 参考文献 / p63
  • 第4章 集じん率と再飛散現象におよぼす流速の影響 / p64
  • 4-1 緒言 / p64
  • 4-2 再飛散による集じん率の低下 / p66
  • 4-3 集じん率の理論流速特性 / p68
  • 4-4 集じん率に対する流速の影響 / p69
  • 4-5 定集じん率電極長 / p70
  • 4-6 再飛散の流速依存性 / p73
  • 4-7 集じん率と再飛散現象に対する電極間隔の影響 / p75
  • 4-8 絶縁被覆電極による再飛散抑制効果 / p79
  • 4-9 結言 / p80
  • 参考文献 / p81
  • 第5章 壁面への粒子付着 / p83
  • 5-1 緒言 / p83
  • 5-2 実験装置 / p84
  • 5-3 粒子の壁面付着と再飛散 / p85
  • 5-4 粒子の壁面付着と壁面電位 / p92
  • 5-5 結言 / p106
  • 参考文献 / p107
  • 第6章 結論 / p108
  • 謝辞 / p113
  • 研究歴 / p114

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 トンネル煤煙用電気集じん装置の再飛散と壁面汚れに関する研究
著作者等 高橋 武男
書名ヨミ トンネル バイエンヨウ デンキ シュウジン ソウチ ノ サイヒサン ト ヘキメン ヨゴレ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想