クォーク・反クォーク中間子系の質量スペクトルと構造

[目次]

  • 目次
  • 第1章 はじめに / p1
  • 第2章 中間子の共変的記述法-Boosted LS結合形式 / p3
  • 2.1 共変振動子クォーク模型 / p3
  • 2.2 グルーオン交換相互作用-共変カラー・クーロンポテンシャルの導入 / p11
  • 第3章 クォーク・反クォーク中間子系の質量準位と波動関数-計算手法 / p15
  • 3.1 展開基底としての共変振動子波動関数 / p15
  • 3.2 静止系での質量2乗行列 / p16
  • 第4章 nn、cc、bb中間子系の解析 / p18
  • 4.1 最小2乗法による模型のパラメーター値の決定 / p18
  • 4.2 質量準位及び実験値との比較 / p19
  • 4.3 波動関数 / p29
  • 4.4 QCD結合定数[数式]の値について / p32
  • 第5章 重クォーク中間子系の光遷移への応用-簡略化した計算法 / p34
  • 5.1 電気的遷移過程での実効電流 / p34
  • 5.2 長波長近似での遷移幅と電気双極子モーメント / p37
  • 5.3 電気双極子モーメントの簡略化した2通りの計算法 / p42
  • 5.4 電気双極子モーメントの実験値と理論値の比較 / p45
  • 第6章 まとめと今後の課題 / p47
  • 6.1 結果のまとめ / p47
  • 6.2 今後の課題 / p48
  • 付録-A nn中間子の波動関数の展開係数 / p50
  • 付録-B cc中間子の波動関数の展開係数 / p52
  • 付録-C bb中間子の波動関数の展開係数 / p54
  • 参考文献 / p56
  • 謝辞 / p57

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 クォーク・反クォーク中間子系の質量スペクトルと構造
著作者等 小田 隆一
書名ヨミ クォーク ハンクォーク チュウカンシケイ ノ シツリョウ スペクトル ト コウゾウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想