関一の交通論

[目次]

  • 目次
  • 序論 本研究における課題 / p1
  • 第1節 課題と方法 / p1
  • 第2節 全体の構成 / p3
  • 第1章 交通論の形成時代とその実践 / p7
  • はじめに / p7
  • 第1節 関一と商業教育 / p7
  • 第2節 交通学者の先駆 / p14
  • 第3節 市政への転身と交通論の実践 / p23
  • 第4節 関一に関する研究史の検討 / p32
  • 1 関一に対する本格的研究の開始 / p32
  • 2 1980年代以降の関一に関する研究 / p36
  • おわりに / p49
  • 第2章 商学体系と交通論 / p63
  • はじめに / p63
  • 第1節 明治30年代の商業教育と交通論 / p64
  • 1 東京高等商業学校 / p64
  • 2 明治大学 / p67
  • 第2節 関一の前期商学体系-佐野善作との比較- / p69
  • 1 商学の構成 / p69
  • 2 商業及び運送の概念 / p72
  • 第3節 国民経済と交通論 / p78
  • 1 関一の後期商学体系 / p78
  • 2 交通論の新展開 / p82
  • おわりに / p87
  • 第3章 交通論の体系 / p97
  • はじめに / p97
  • 第1節 『鉄道講義要領』成立前史-明治20年代後半の概観- / p98
  • 1 茂木英雄著『実践鉄道通論』 / p98
  • 2 加藤晴比古著『交通論』 / p103
  • 第2節 関一の交通論体系に関する諸検討 / p110
  • 1 関一解説『コルソン氏交通政策』 / p110
  • 2 関一著『鉄道講義要領』 / p116
  • 3 阿部万平講述『交通政策』 / p125
  • 第3節 交通経済学成立のメルクマール / p130
  • おわりに / p132
  • 第4章 都市交通思想と大阪地下鉄 / p141
  • はじめに / p141
  • 第1節 関一の都市政策論 / p142
  • 1 大阪市の都市化-住宅問題と市域拡張- / p142
  • 2 関一の都市交通論 / p147
  • 第2節 大阪地下鉄の建設計画 / p152
  • 1 大大阪の誕生と高速鉄道 / p152
  • 2 地下鉄計画の経緯 / p156
  • 第3節 地下鉄建設の意思決定過程 / p161
  • 1 地下鉄計画期における関一市政 / p161
  • 2 地下鉄建設への審議過程 / p163
  • おわりに / p167
  • 第5章 市営事業論の形成と展開 / p173
  • はじめに / p173
  • 第1節 大阪市における市営事業の構築期 / p175
  • 第2節 関一の市営事業論-市営主義の確立- / p183
  • 1 市営事業の位置づけ / p183
  • 2 受益者負担の原則 / p187
  • 3 都市社会政策と財源 / p191
  • 第3節 地下鉄経営における公共性と企業性 / p197
  • 1 公共性に基づく論者の主張 / p197
  • 2 企業性に基づく論者の主張 / p201
  • 3 大阪地下鉄の企業性 / p205
  • おわりに / p209
  • 終章 総括 / p217
  • 関一関連年譜 / p225

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 関一の交通論
著作者等 藤井 秀登
書名ヨミ セキ ハジメ ノ コウツウロン
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想