Prognostic value of slow resolution of ST-segment elevation following successful direct percutaneous transluminal coronary angioplasty for recovery of left ventricular function

この本の情報

書名 Prognostic value of slow resolution of ST-segment elevation following successful direct percutaneous transluminal coronary angioplasty for recovery of left ventricular function
著作者等 荘光 泰成
書名別名 急性心筋梗塞再灌流成功後の、ST上昇改善遅延の左室機能回復予測因子としての意義 : 直接的経皮的冠動脈形成術における検討
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想