エンドトキシン誘発肝障害の発症における脾臓由来マクロファージの役割ならびにSuperoxide anionの関与についての研究

この本の情報

書名 エンドトキシン誘発肝障害の発症における脾臓由来マクロファージの役割ならびにSuperoxide anionの関与についての研究
著作者等 長谷川 忠
書名ヨミ エンドトキシン ユウハツ カン ショウガイ ノ ハッショウ ニ オケル ヒゾウ ユライ マクロファージ ノ ヤクワリ ナラビニ Superoxide anion ノ カンヨ ニ ツイテ ノ ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想