鉄道車輪・レールの連成振動系における接触力変動に関する研究

[目次]

  • 目次 / p2
  • 記号説明 / p5
  • 表と図の一覧 / p7
  • 第1章 序論 / p13
  • 1.1 研究の背景と目的 / p14
  • 1.2 従来の研究 / p17
  • 1.3 研究の展開 / p24
  • 1.4 論文の構成 / p25
  • 第2章 解析モデルと運動方程式 / p33
  • 2.1 はじめに / p34
  • 2.2 解析モデルの設定 / p35
  • 2.3 運動方程式 / p37
  • 2.4 まとめ / p43
  • 第3章 解析モデルの有効性の検討 / p47
  • 3.1 はじめに / p48
  • 3.2 解析モデルにおけるレールの長さの検討 / p49
  • 3.3 数値解析結果と実測結果との比較 / p54
  • 3.4 まとめ / p59
  • 第4章 固有振動解析 / p74
  • 4.1 はじめに / p75
  • 4.2 固有振動数の計算 / p76
  • 4.3 固有振動の特性 / p86
  • 4.4 まとめ / p89
  • 第5章 走行中の連成振動系の特性 / p95
  • 5.1 はじめに / p96
  • 5.2 一つの車輪とレールとの連成振動の特性 / p97
  • 5.3 二つの車輪とレールとの連成振動の特性 / p101
  • 5.4 まとめ / p106
  • 第6章 相対接触位置指数 / p125
  • 6.1 はじめに / p126
  • 6.2 相対接触位置指数の定義 / p127
  • 6.3 接触力変動の特徴 / p129
  • 6.4 まとめ / p131
  • 第7章 接触力変動の考察 / p137
  • 7.1 はじめに / p138
  • 7.2 定常状態の振動応答 / p139
  • 7.3 走行中の振動応答 / p144
  • 7.4 まとめ / p146
  • 第8章 結論 / p157
  • 参考文献 / p161
  • 論文の内容の要旨

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉄道車輪・レールの連成振動系における接触力変動に関する研究
著作者等 柳 允善
書名ヨミ テツドウ シャリン ・ レール ノ レンセイ シンドウケイ ニ オケル セッショクリョク ヘンドウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想