「往生要集絵巻」詞章と絵の研究

西田直樹 著

源信の『往生要集』が日本人の地獄思想の形成に多大な影響を与えた事は、思想史において常識である。しかしながら、『往生要集』が書かれた平安時代、西暦九八五年から千年以上の時間の経過の中で、源信が『往生要集』によって伝えようとしたメッセージ、つまり、末法時における阿弥陀信仰の重要性と極楽往生のための修行方法というメッセージが、不変のまま現代の日本人に受け入れられているわけではない。また一方で『往生要集』は、写本、版本、等が非常に多いという特色を持っている。周知のように、『往生要集』の原本は失われているのだが、漢文の写本、版本をはじめ、仮名書き本、仮名書き絵入り本など、様々な形態の『往生要集』が残されている。つまり『往生要集』は、受容者の知識や要求に対応して様々に形態を変化させ、今日まで伝えられ、日本人の地獄観や他界観に多大な影響を与えて来たのである。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1篇 『往生要集絵巻』と『往生要集』(構成からみた『往生要集絵巻』と『往生要集』
  • 『往生要集絵巻』と『往生要集』の記事内容の比較
  • 『往生要集絵巻』の訳述方式と「仮名書き往生要集」の訳文 ほか)
  • 第2篇 『往生要集絵巻』の絵と詞章(地獄
  • 餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道(地獄を除く六道)
  • 極楽の十楽)
  • 第3篇 『往生要集絵巻』詞章の言語的性格(表記形式について
  • 用字について
  • 表記における問題点 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 博士論文要旨
  • 目次 / p1
  • 口絵
  • 序論 / p1
  • 一『往生要集絵巻』の成立過程-仮名書き絵入り往生要集の誕生と発展- / p1
  • 一『往生要集絵巻』について / p1
  • 二『往生要集絵巻』成立以前の『往生要集』の諸形態 / p3
  • 三 聖衆来迎寺蔵『六道絵』について / p5
  • 四「聖衆来迎寺型六道絵」の室町時代における展開 / p7
  • 五『往生要集絵巻』の成立 / p10
  • 二 本研究の目的と方法 / p14
  • 第一篇『往生要集絵巻』と『往生要集』 / p16
  • 第一章 構成からみた『往生要集絵巻』と『往生要集』 / p16
  • 第二章『往生要集絵巻』と『往生要集』の記事内容の比較 / p21
  • 一『往生要集』本文にあって『往生要集絵巻』にない語句、文章 / p21
  • 二『往生要集絵巻』にあって『往生要集』本文にない語句、文章 / p25
  • 第三章『往生要集絵巻』の訳述方式と「仮名書き往生要集」の訳文 / p38
  • 一 直訳型読み下し文 / p38
  • 二 パラフレーズ型訳述文 / p39
  • 第四章『往生要集絵巻』における漢籍、謡曲、和歌の引用について / p46
  • 一 漢籍からの引用について / p46
  • 二 謡曲からの引用について / p51
  • 三 和歌の引用について / p54
  • 第五章『往生要集絵巻』の依拠した『往生要集』本文について / p56
  • 第二篇『往生要集絵巻』の絵と詞章 / p67
  • はじめに / p67
  • 第一章 地獄 / p69
  • 一 第一図 等活地獄 / p70
  • 二 第二図 黒縄地獄 / p77
  • 三 第三図 等活地獄 / p84
  • 四 第四図 悪見所地獄 / p91
  • 五 第五図 叫喚地獄 / p96
  • 六 第六図 大叫喚地獄 / p103
  • 七 第七図 焦熱地獄 / p108
  • 八 第八図 大焦熱同闇火風 / p113
  • 九 第九図 阿鼻地獄同別処 / p120
  • 十 第十図 大熱鉄山 / p128
  • 第二章 餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道(地獄を除く六道) / p138
  • 一 第十二図 餓鬼道 / p139
  • 二 第十三図 畜生道 / p144
  • 三 第十四図 修羅道 / p149
  • 四 第十五図 人道躰 / p154
  • 五 第十六図 仙人界 / p160
  • 六 第十七図 天道躰 / p164
  • 七 第十八図 厭相躰 / p170
  • 八 第十九図 咸陽宮 / p175
  • 九 第二十図 隠士 / p180
  • 十 第二十一図 大婆羅門 / p185
  • 第三章 極楽の十楽 / p189
  • 一 第二十二図 聖衆来迎楽 / p190
  • 二 第二十三図 蓮華初開楽 / p196
  • 三 第二十四図 身相神通楽 / p201
  • 四 第二十五図 五妙境界楽 / p207
  • 五 第二十六図 快楽無退楽同境界楽 / p211
  • 六 第二十七図 引接結縁楽 / p217
  • 七 第二十八図 聖衆倶会楽 / p221
  • 八 第二十九図 倶会楽 / p226
  • 九 第三十図 見仏聞法楽 / p231
  • 十 第三十一図 随心供仏楽 / p239
  • 十一 第三十二図 増進仏道楽 / p244
  • おわりに / p248
  • 第三篇『往生要集絵巻』詞章の言語的性格 / p250
  • 第一章 表記形式について / p250
  • 第二章 用字について / p252
  • 一 漢字 / p252
  • 二 片仮名 / p252
  • 第三章 表記における問題点 / p255
  • 一 誤字 / p255
  • 二 脱字 / p256
  • 三 衍字 / p257
  • 四 当て字 / p257
  • 第四章 仮名遣について / p261
  • 一 はじめに / p261
  • 二 絵巻詞章の仮名遣 / p264
  • 三 まとめ / p337
  • 第五章『往生要集絵巻』の制作時代を示す用語について / p348
  • 第六章 文法について / p356
  • 一 連体形終止 / p356
  • 二 下二段活用動詞の問題 / p357
  • 三 活用の問題 / p358
  • 四 係り結び / p359
  • 五 漢文訓読の語法 / p361
  • 六 比喩表現(直喩)の形式 / p363
  • 七 引用の形式 / p372
  • 八 敬語 / p378
  • 第七章 文選読みについて / p386
  • 結論 / p388
  • 主要参考文献 / p393
  • 【研究資料】対照 往生要集 / p1
  • 凡例 / p1
  • 第一章 往生要集序 / p1
  • 第二章 厭離穢土(大文第一 厭離穢土) / p5
  • 第三章 等活地獄 / p8
  • 第四章 黒縄地獄同別処 / p23
  • 第五章 衆合地獄 / p32
  • 第六章 悪見所地獄 / p42
  • 第七章 叫喚地獄 / p48
  • 第八章 大叫喚地獄 / p57
  • 第九章 焦熱地獄 / p63
  • 第十章 大焦熱同闇火風 / p75
  • 第十一章 阿鼻地獄同別所 / p86
  • 第十二章 大熱鉄山 / p100
  • 第十三章 閻婆度所同別所 / p112
  • 第十四章 餓鬼道 / p125
  • 第十五章 畜生道 / p137
  • 第十六章 修羅道 / p142
  • 第十七章 人道躰 / p144
  • 第十八章 仙人界 / p178
  • 第十九章 天道躰 / p184
  • 第二十章 厭相躰 / p193
  • 第二十一章 咸陽宮 / p210
  • 第二十二章 隠士 / p225
  • 第二十三章 大婆羅門 / p230
  • 第二十四章 欣求浄土(大文第二 欣求浄土、十楽序) / p239
  • 第二十五章 聖衆来迎楽 / p241
  • 第二十六章 蓮華初開楽 / p246
  • 第二十七章 身相神通楽 / p252
  • 第二十八章 五妙境界楽 / p257
  • 第二十九章 快楽無退楽同境界楽 / p280
  • 第三十章 引接結縁楽 / p287
  • 第三十一章 聖衆倶会楽 / p291
  • 第三十二章 倶会楽 / p298
  • 第三十三章 見仏聞法楽 / p306
  • 第三十四章 随心供仏楽 / p315
  • 第三十五章 増進仏道楽 / p318
  • 第三十六章 跋 / p325

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 「往生要集絵巻」詞章と絵の研究
著作者等 西田 直樹
書名ヨミ 「 オウジョウ ヨウシュウ エマキ 」 シショウ ト エ ノ ケンキュウ
書名別名 Ojo yoshu emaki shisho to e no kenkyu
出版元 和泉書院
刊行年月 2000.2
ページ数 706p
大きさ 22cm
ISBN 4757600275
NCID BA45494246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20056638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想