小電流遮断における真空アークの巨視的モデルの研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 研究背景 / p1
  • 1.2 研究の目的・意義 / p6
  • 1.3 論文の構成 / p8
  • 第2章 真空交流電磁接触器と研究対象範囲 / p9
  • 2.1 真空交流電磁接触器の構造 / p10
  • 2.2 小電流遮断の過程 / p16
  • 2.3 本研究の対象範囲 / p21
  • 2.4 結言 / p22
  • 第3章 G-Mayr方程式のEMTPへの組み込み / p24
  • 3.1 G-Mayr方程式 / p24
  • 3.2 G-Mayr方程式のEMTPへの組み込み / p26
  • 3.3 結言 / p28
  • 第4章 真空交流電磁接触器開閉過渡現象の実験的研究 / p29
  • 4.1 実験回路 / p29
  • 4.2 進み小電流遮断現象 / p32
  • 4.3 遅れ小電流遮断現象 / p53
  • 4.4 結語 / p62
  • 第5章 アークパラメータの算定 / p64
  • 5.1 アークパラメータの算定方法 / p64
  • 5.2 アークパラメータの算定結果 / p68
  • 5.3 結言 / p80
  • 第6章 進み小電流遮断のシミュレーション / p81
  • 6.1 等価回路 / p81
  • 6.2 電流遮断近傍のシミュレーション / p97
  • 6.3 スパイク状電圧のアーク電流への影響 / p111
  • 6.4 共振回路の抵抗の裁断電流への影響 / p119
  • 6.5 結言 / p124
  • 第7章 遅れ小電流遮断のシミュレーション / p126
  • 7.1 等価回路 / p126
  • 7.2 電流遮断近傍のシミュレーション / p128
  • 7.3 結言 / p137
  • 第8章 結論 / p138
  • 8.1 本研究結果のまとめ / p138
  • 8.2 今後の課題 / p143
  • 参考文献 / p144
  • 付録 / p148
  • 1 Mayr方程式の導出 / p148
  • 2 EMTPの開発経緯 / p156
  • 3 EMTPの計算原理 / p157
  • 4 Adams-Bashforthの方法 / p162

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小電流遮断における真空アークの巨視的モデルの研究
著作者等 杉原 裕征
書名ヨミ ショウデンリュウ シャダン ニ オケル シンクウ アーク ノ キョシテキ モデル ノ ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想