Al-4.4%CuおよびAl-10%Mg合金の遠心鋳造におけるバンド状偏析の生成機構

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 従来の研究 / p1
  • 1.2 本研究の目的 / p2
  • 1.3 本研究の概要 / p3
  • 参考文献 / p4
  • 第2章 Al-4.4%Cu合金の凝固組織 / p5
  • 2.1 緒言 / p5
  • 2.2 実験方法 / p5
  • 2.3 実験結果および考察 / p10
  • 2.4 結論 / p21
  • 付録 / p22
  • 参考文献 / p23
  • 第3章 Al-4.4%Cu合金とAl-10%Mg合金のバンド状偏析に及ぼす鋳造条件の影響 / p25
  • 3.1 緒言 / p25
  • 3.2 実験方法 / p25
  • 3.3 実験結果および考察 / p28
  • 3.4 結論 / p47
  • 参考文献 / p48
  • 第4章 遠心鋳造における可視化実験 / p49
  • 4.1 緒言 / p49
  • 4.2 実験方法 / p49
  • 4.3 実験結果および考察 / p53
  • 4.4 結論 / p63
  • 付録 / p64
  • 参考文献 / p65
  • 第5章 鋳型傾動による固液共存域でのすべりとバンド状偏析 / p66
  • 5.1 緒言 / p66
  • 5.2 実験方法 / p66
  • 5.3 実験結果および考察 / p67
  • 5.4 結論 / p79
  • 参考文献 / p79
  • 第6章 バンド状偏析の生成機構 / p81
  • 6.1 緒論 / p81
  • 6.2 本研究によって得られた実験事実 / p81
  • 6.3 従来のバンド状偏析の生成機構とその問題点 / p84
  • 6.4 バンド状偏析の生成機構 / p85
  • 参考文献 / p89
  • 第7章 総括 / p90
  • 謝辞 / p92

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 Al-4.4%CuおよびAl-10%Mg合金の遠心鋳造におけるバンド状偏析の生成機構
著作者等 姜 一求
書名ヨミ Al-4.4%Cu オヨビ Al-10%Mg ゴウキン ノ エンシン チュウゾウ ニ オケル バンドジョウ ヘンセキ ノ セイセイ キコウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想