対面形画像通信用表示方式におけるヒューマンインタフェース機能の研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 研究の背景 / p1
  • 1.2 本研究の目的 / p14
  • 1.3 本論文の構成 / p15
  • 第2章 液晶スクリーンを用いる時分割形視線一致表示方式 / p17
  • 2.1 まえがき / p17
  • 2.2 視線一致範囲の評価 / p18
  • 2.3 時分割形視線一致表示方式の動作原理 / p23
  • 2.4 時分割形視線一致表示方式の特徴 / p25
  • 2.5 試作機による視線一致表示実験 / p31
  • 2.6 まとめ / p35
  • 第3章 時分割形視線一致表示方式の表示特性 / p36
  • 3.1 まえがき / p36
  • 3.2 表示輝度とコントラスト比の測定 / p36
  • 3.3 シミュレーションと実験結果の比較 / p43
  • 3.4 考察 / p50
  • 3.5 間欠照明による表示品質の改善 / p51
  • 3.6 まとめ / p55
  • 第4章 大画面化視線一致表示方式 / p57
  • 4.1 まえがき / p57
  • 4.2 大形液晶スクリーン方式による大画面化 / p57
  • 4.3 小形液晶スクリーン窓方式による大画面化 / p66
  • 4.4 まとめ / p72
  • 第5章 多視線一致表示方式 / p74
  • 5.1 まえがき / p74
  • 5.2 概念 / p74
  • 5.3 ディスプレイ構成と表示方法 / p75
  • 5.4 反射形と透過形のレンティキュラ板の比較 / p86
  • 5.5 試作機での原理確認 / p90
  • 5.6 まとめ / p92
  • 第6章 投影形3D表示方式 / p94
  • 6.1 まえがき / p94
  • 6.2 頭部追跡形立体画像表示方式の原理 / p94
  • 6.3 実験システム構成 / p96
  • 6.4 実験結果と考察 / p102
  • 6.5 まとめ / p108
  • 第7章 LCDと組み合わせた直視形3D表示方式 / p110
  • 7.1 まえがき / p110
  • 7.2 ディスプレイ構成 / p110
  • 7.3 15インチディスプレイを用いた2D表示と3D表示の比較 / p119
  • 7.4 まとめ / p129
  • 第8章 レンティキュラ板付き光源とLCDを組み合わせたプライベートディスプレイ方式 / p130
  • 8.1 まえがき / p130
  • 8.2 コンセプト / p131
  • 8.3 表示方法 / p132
  • 8.4 実験構成 / p139
  • 8.5 実験結果 / p142
  • 8.6 まとめ / p147
  • 第9章 結言 / p148
  • 謝辞 / p151
  • 参考文献 / p152

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 対面形画像通信用表示方式におけるヒューマンインタフェース機能の研究
著作者等 志和 新一
書名ヨミ タイメンガタ ガゾウ ツウシンヨウ ヒョウジ ホウシキ ニ オケル ヒューマン インタフェース キノウ ノ ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想