地形図からの数値標高モデル生成に関する研究

[目次]

  • 第1章 序論 / p1
  • 1.1 はじめに / p2
  • 1.2 標高情報の表現形式 / p4
  • 1.3 数値標高モデルの有用性 / p6
  • 1.4 数値標高モデルの取得 / p8
  • 1.5 地形図からの数値標高モデルの取得 / p13
  • 1.6 研究の目的 / p17
  • 1.7 本研究の概要 / p22
  • 第2章 等高線の抽出・復元 / p32
  • 2.1 地形図からの等高線図の作成 / p33
  • 2.2 実験対象画像 / p35
  • 2.3 等高線の抽出 / p37
  • 2.4 本研究で提案する復元手法の基本的な考え方 / p44
  • 2.5 復元処理における前処理と1次復元処理 / p47
  • 2.6 2次復元処理 / p51
  • 2.7 実験結果 / p57
  • 2.8 考察 / p59
  • 第3章 等高線への標高付与 / p62
  • 3.1 標高付与における問題点 / p63
  • 3.2 基本的な考え方 / p66
  • 3.3 等高線の標高推定 / p71
  • 3.4 実験および評価 / p75
  • 3.5 考察 / p80
  • 第4章 ユークリッド距離変換によるコンター/グリッド変換 / p82
  • 4.1 コンター/グリッド変換 / p83
  • 4.2 基本的な考え方 / p85
  • 4.3 処理の手順 / p88
  • 4.4 実験 / p95
  • 4.5 考察 / p101
  • 第5章 局所平滑化フィルタリングによるコンター/グリッド変換 / p105
  • 5.1 簡易的コンター/グリッド変換 / p106
  • 5.2 基本的な考え方 / p108
  • 5.3 処理の流れ / p113
  • 5.4 実験 / p117
  • 5.5 考察 / p122
  • 第6章 コンター/グリッド変換手法の比較・評価 / p124
  • 6.1 比較対象手法 / p125
  • 6.2 実験および評価 / p128
  • 6.3 考察 / p146
  • 第7章 数値標高モデル生成システムの開発 / p148
  • 7.1 システムの開発 / p149
  • 7.2 従来の作業方法 / p151
  • 7.3 システム開発の方針 / p155
  • 7.4 開発システムの構成 / p160
  • 7.5 スループットの把握および評価 / p164
  • 7.6 考察 / p166
  • 第8章 結論 / p167
  • 8.1 研究のまとめ / p168
  • 8.2 結論 / p172
  • 謝辞 / p173

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地形図からの数値標高モデル生成に関する研究
著作者等 李 在淵
書名ヨミ チケイズ カラ ノ スウチ ヒョウコウ モデル セイセイ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想