船体構造検査情報の検査計画、修理計画、船級規則開発へのフィードバック手法に関する研究

[目次]

  • 論文要旨
  • 目次 / p1
  • 1 緒言 / p1
  • 1.1 はじめに / p1
  • 1.2 船舶の分野における信頼性工学適用の現状と問題点 / p3
  • 1.3 船体構造検査とフィードバックシステム / p6
  • 1.4 船体構造検査の現状と問題点 / p8
  • 1.5 本研究の目的と意義 / p10
  • 第1章 表・図 / p12
  • 2 損傷状態予測へのフィードバック / p14
  • 2.1 目的と意義 / p14
  • 2.2 解析対象のモデル化 / p16
  • 2.3 検査結果からの情報 / p19
  • 2.4 解析手法の定式化 / p21
  • 2.5 シミュレーションによる検討 / p32
  • 2.6 実船の倉内肋骨の疲労損傷に対する適用 / p40
  • 2.7 まとめ / p44
  • 第2章 表・図 / p47
  • 3 修理基準へのフィードバック / p82
  • 3.1 目的と意義 / p82
  • 3.2 解析対象損傷例と検査情報 / p84
  • 3.3 解析対象のモデル化及び解析手法の定式化 / p87
  • 3.4 解析手法の検証 / p98
  • 3.5 3隻の同型船の損傷に対する適用 / p102
  • 3.6 22隻のフリートに対する適用 / p107
  • 3.7 まとめ / p111
  • 第3章 表・図 / p114
  • 4 規則開発へのフィードバック / p142
  • 4.1 目的と意義 / p142
  • 4.2 検討対象構造と従来の構造規則 / p143
  • 4.3 疲労設計規則開発における検討課題 / p147
  • 4.4 疲労検討用等価波浪変動荷重に関する検討 / p149
  • 4.5 対象構造の参照応力評価 / p154
  • 4.6 損傷実績から求められるS-N線図 / p157
  • 4.7 提案手法の検証 / p162
  • 4.8 まとめ / p164
  • 第4章 表・図 / p166
  • 5 結言 / p191
  • 表・図 一覧 / p196
  • 参考文献 / p201
  • 謝辞 / p207

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 船体構造検査情報の検査計画、修理計画、船級規則開発へのフィードバック手法に関する研究
著作者等 山本 規雄
書名ヨミ センタイ コウゾウ ケンサ ジョウホウ ノ ケンサ ケイカク シュウリ ケイカク センキュウ キソク カイハツ エ ノ フィードバック シュホウ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想