白内障発症における蛋白分解酵素カルパインの役割に関する研究

[目次]

  • 目次 / p1
  • 緒論 / p2
  • 本論 / p5
  • 第1章 水晶体培養系白内障におけるカルパインの役割 / p5
  • 第1節 calcium ionophore A23187誘発白内障におけるカルパインの関与 / p5
  • 第2節 diamide誘発白内障におけるカルパインの関与 / p15
  • 第3節 selenite誘発白内障におけるカルパインの関与 / p21
  • 第4節 xylose誘発白内障におけるカルパインの関与 / p27
  • 小括 / p35
  • 第2章 実験的白内障モデル(in vivo)におけるカルパインの役割 / p36
  • 第1節 selenite白内障におけるカルパインの関与 / p36
  • 第2節 糖白内障におけるカルパインの関与 / p41
  • 小括 / p47
  • 第3章 カルパインによるβ-crystallinの限定分解 / p48
  • 小括 / p58
  • 結論 / p59
  • 謝辞 / p60
  • 参考文献 / p61

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 白内障発症における蛋白分解酵素カルパインの役割に関する研究
著作者等 東 光佳
書名ヨミ ハクナイショウ ハッショウ ニ オケル タンパク ブンカイ コウソ カルパイン ノ ヤクワリ ニ カンスル ケンキュウ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想