スギ黒粒葉枯病の発生生態に関する研究 : 特に病原菌の生理・生態的性質と病原性

[目次]

  • 目次 / p1
  • 目次 / p1
  • I 緒言 / p4
  • II 黒粒葉枯病の被害発生状況 / p9
  • 1.病原菌の分類的位置 / p9
  • 2.病徴および標徴 / p11
  • 3.黒粒葉枯病の分布と被害 / p13
  • 4.東北地方における被害実態 / p20
  • 5.本病がスギの成長に及ぼす影響 / p27
  • III 黒粒葉枯病病原菌の生理・生態的性質 / p31
  • 1.子のう盤の発生消長および埋雪期間と病徴進展 / p31
  • 2.病葉の採取時期と子のう盤形成 / p40
  • 3.子のう盤の形成と温度・湿度および光線との関係 / p43
  • 4.子のう胞子の放出と温度・湿度および光線との関係 / p52
  • 5.子のう胞子の発芽 / p62
  • 6.菌叢の培養的性質 / p75
  • IV 病原菌の病原性 / p82
  • 1.病原菌のスギ針葉組織内への侵入方法 / p82
  • 2.接種試験 / p85
  • 3.病原菌の感染時期 / p97
  • V 総合考察並びに今後の研究の展望 / p100
  • 引用文献 / p108
  • Summary / p116

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 スギ黒粒葉枯病の発生生態に関する研究 : 特に病原菌の生理・生態的性質と病原性
著作者等 庄司 次男
書名ヨミ スギ クロツブハガレビョウ ノ ハッセイ セイタイ ニ カンスル ケンキュウ : トクニ ビョウゲンキン ノ セイリ セイタイテキ セイシツ ト ビョウゲンセイ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想